セルジオ・ペレス、2022年のレッドブルF1残留は契約年数の問題のみ?
セルジオ・ペレスは、2022年もレッドブルF1に残留することが濃厚だと報じられている。

一部では、ピエール・ガスリーがアルファタウリからレッドブル・レーシングに再昇格する可能性も報じられているが、スペインの Marca sports は、その主張はやや的外れだと伝えている。

「今の唯一の問題は、チームが望むようにペレスとの合意が1年間になるのか、それともドライバーの望むようにそれ以上になるのかということだ」と同紙は報じた。

31歳の経験豊富なセルジオ・ペレスは、チャンピオンシップリーダーのマックス・フェルスタッペンにとって、前任者のピエール・ガスリーやアレクアンダー・アルボンよりも競争力のあるチームメイトとして役割を果たしている。

「セルジオは彼が求められたことを正確にやっている」とレッドブルF1のチーム代表クリスチャン・ホーナーは認める。

「チームの誰もが彼のパフォーマンスに満足していると思うし、彼はチームプレーヤーとしての役割も非常にうまく果たしている」

クリスチャン・ホーナーは、レッドブルF1がメルセデスのジュニアドライバーであるジョージ・ラッセルの獲得を検討する可能性があると語ったヘルムートマルコの主張を軽視した。

「ジョージが公開市場に出れば、彼を望んでいるチームはたくさんあると思う」とクリスチャン・ホーナーは語る。

「彼は素晴らしい若い才能であり、次のステップの準備ができているが、メルセデスは彼のために明確な計画を持っていると確信している」

「彼は今その機会を必要としている。ルイスとジョージは英国のモータースポーツに適した強力なダイナミクスだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セルジオ・ペレス / レッドブル