レッドブル・ホンダF1のセルジオ・ペレス 「予選の紳士協定について話し合いたいドライバーがいる」
レッドブル・ホンダF1のセルジオ・ペレスは、予選での他のドライバーの行動に悩まされており、F1フランスGPの前に話したいドライバーがいると語る。

当然ながら、予選ではすべてのドライバーが良いポジションでアタックを開始したいと思うもの。特にロングストレートがあるサーキットでは“スリップストリーム”を獲得できる位置が取り合いになるが、他のドライバーの後ろに近づきすぎるのも好ましくない。

F1ドライバーは、それらすべてを短時間でやり繰りしなければならず、しばしばセッションの終わりに混乱が引き起こされる。そして、その段階でドライバーがお互いを追い越すことは紳士協定に反している。

だが、その合意がそもそも存在するかどうかさえ疑問視されるほど、近年、それを遵守していないドライバーもいる。

「基本的に僕たち全員が同時にコースに出ていって、人々はギャップを作っている。でも、紳士協定を尊重せずに追い越している人がいる。その合意を尊重しているドライバーもいるけど、全員ではない」とセルジオ・ペレスは語った。

「人々がラップの終わりに向けて追い越しをしているときに本当のカオスが始まる。そして、僕たちはそのままポジションを保持して、ギャップを作ろうとすべきであることを知っている。ドライバーとして話し合い、特に予選に関して、他の人に困難をもたらす可能性があることをもっと尊重し、より意識する必要があるかもしれない」

したがって、セルジオ・ペレスは、次戦F1フランスGP前に、他のドライバーとこれについて話し合うのは良いアイデアだと思っている。

「全員がそれについてどのように感じているかを確認するためにも間違いなく議論する価値はある。本当に尊重しているドライバーもいるし、本当に信頼することができる。でも、信頼できないドライバーもいる」と名前を明かさずにセルジオ・ペレスは語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セルジオ・ペレス / レッドブル / ホンダF1