セルジオ・ペレス 「レッドブルのF1マシンへの自信はさらに高まっている」
セルジオ・ペレスは、レッドブル・ホンダF1の新しい環境にようやく慣れたようだ。F1アゼルバイジャンGPでの優勝とランキング3位への上昇は、ペレスにとって自信を高めるだけであり、今後はさらに多くのことができると自信をみせる。

現在、セルジオ・ペレスはレッドブル・レーシングの5人目のグランプリウェナーとなった。彼よりも前にレースに勝っているのはセバスチャン・ベッテル、マーク・ウェバー、ダニエル・リカルド、マックス・フェルスタッペンだけだ。

セルジオ・ペレス自身にとっては、昨シーズンのF1サヒールGPでの初勝利に続く、F1での通算2勝目となる。

シーズンの困難なスタートの後、セルジオ・ペレスは今、彼の新しいマシンをより良くまとめられているように見える。

「その通りだ」とセルジオ・ペレスは Speedweek.com に語った。

「そして、この上昇傾向はモナコで始まった。ここ数週間から数か月間、僕たちはガレージやトラックで多くの作業を行ってきたけど、その作業が今、実を結び始めている」

セルジオ・ペレスは、最近のレースで示した進歩について2つの理由を挙げる。

「まず第一に、マシンのことをますますよく理解している。さらに、チームはセットアップに関して僕が完全に発展するために必要とするものをますますよく理解している」

その結果、セルジオ・ペレスは、次戦F1フランスGP、そして、残りのシーズンで状況はさらに良くなると信じている。

「私の自信はレースを重ねるごとに大きくなっている。まだレースは6戦しか終わっていないし、まだまだたくさんある!」

「すべてがうまくいくまで、こんなに長く耐える必要があるとは思っていなかった。最初の数レースは計画通りにはいかなかった。僕たちはそれをまとめることができなかった。今までじゃね。 このブレークスルーを達成できたことを非常に嬉しく思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セルジオ・ペレス / レッドブル / ホンダF1