レッドブル・ホンダF1のセルジオ・ペレス 「アルボンのハードワークと献身に感謝している」
レッドブル・ホンダF1のセルジオ・ペレスは、先週末のF1アゼルバイジャンGPで優勝した後、前任のアレクサンダー・アルボンを称賛した。

今年、レッドブル・ホンダF1に加入したセルジオ・ペレスは、序盤戦でレースでは持ち前の巧妙さを発揮していたが、RB16Bへの対応に苦しみ予選で結果を残せておらず、結果的に表彰台に上がることができていなかった。

だが、波乱の展開となったF1アゼルバイジャンGPでレッドブル・ホンダF1移籍後初優勝を飾った。

アレクサンダー・アルボンは「レッドブル・レーシングに完全に値する。勝利したセルジオ・ペレス、おめでとう! メガドライブだった!」とソーシャルメディアで勝利を称えた。

この投稿にセルジオ・ペレスもInstagramのストーリーで感謝を示した。

「プッシュし続けよう、君はこのすべての非常に重要な一員だ!」とセルジオ・ペレスは投稿。

「君のすべてのハードワークと献身に感謝している」

アレクサンダー・アルボンは、もはや F1でレッドブルをドライブしていないが、まだテストおよびリザーブ ドライバーとしてチームに関与しており、今シーズンのいくつかのグランプリ週末で目撃されている。

2022年シーズンにレッドブルの姉妹チームに戻る可能性があるため、現在のアルファタウリ・デュオの進歩に目を向けるのは間違いない。

先週、レッドブルF1のチーム代表であるクリスチャン・ホーナーもアレクサンダー・アルボンを称賛し、マックス・フェルスタッペンのF1モナコGPでの勝利において、舞台裏のシミュレーター作業で重要な役割を果たしたと語っていた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セルジオ・ペレス / レッドブル / ホンダF1 / アレクサンダー・アルボン