レッドブル・ホンダF1のセルジオ・ペレス 「今回はマクラーレン時代のような失敗はしない」
レッドブル・ホンダF1に加入したセルジオ・ペレスは、今はより完成されたドライバーになっており、今回のチャンスでは過去のマクラーレンF1時代のような失敗はしないと語る。

昨年、レーシング・ポイントのF1シートを失ったセルジオ・ペレスは、アレクサンダー・アルボンに代わってマックス・フェルスタッペンのチームメイトに抜擢された。

しかし、契約は2021年の1年契約のみであり、2022年もチームに残留するかはまったくの白紙となっている。

レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは「まずは両サイドがどれだけうまくフィットしているかを注意深く見ていくつもりだ」とヘルム-ト・マルコは motorsport-total.com に語った。

セルジオ・ペレスは、トップチームであるレッドブル・ホンダへの加入に高い野心を持っており、今回のチャンスでは2013年マクラーレン時代のような失敗をすることはないと自信をみせる。

「僕はもう別のドライバーだ」とセルジオ・ペレスは語る。

「ドライバーとして、僕はより完成されていると感じている。人としてもアスリートとしても成熟した」

「今回は失敗はしない」

「目標はマックスを捕らえることだ。彼の前にいたい。過去にダニエル・リカルドとそうであったように、僕たちはレッドブルのドライバーとしてより頻繁に競争することになるだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セルジオ・ペレス / レッドブル / ホンダF1