F1 セルジオ・ペレス フランスGP
F1レースディレクターのミハエル・マシは、セルジオ・ペレスがF1フランスGPでのペナルティに腹を立てている理由が理解できないと語る。

セルジオ・ペレスは、オープニングラップのコースオフしてターン3とターン4のランオフエリアを走行。だが、ルールに従ってボラードの周りを走行したとして決定に困惑していると述べている。

だが、FIAは、コーナーのエントリーでセルジオ・ペレスが先行したクルマの前で合流したことでゲインを得たとして5秒加算ペナルティを与えた。

レース前にチーム送ったメモで、ミハエル・マシは安全かつアドバンテージを保たない場合にトラックに合流できることを明確にしていた。

セルジオ・ペレスのペナルティについて質問されたミハエル・マシンは、ドライバー側がセルジオ・ペレスのターン3とターン4で行ったものと類似した方法でポジションを得た人々にはペナルティを与えるようFIAに要求していたことを明らかにした。

「最も重要な点は、誰かが合流する際は、まずは安全に合流しなければならず、永続的なアドバンバージを得てはいけないということだ」とミハエル・マシはコメント。

「特に彼のすぐ後ろにいたランス・ストロールの車載映像を見れば、セルジオはロックアップし、左に移動してボラードを迂回することを選び、(アレクサンダー)アルボンと(ケビン)マグヌッセンの前に出ていた」

「それは実際にモナコのドライバーミーディングで議論したことの一部であり、ドライバーは実際に以前のコーナーの順位よりも後ろで戻る必要があることを要求していた」

ミハエル・マシは、セルジオ・ペレスにポジションを戻すように指示が与えられていないことを明らかにした。それはドライバーがポジションを得た場合、最初のコーナーで発生する問題についてのみアドバイスを受けるべきだと要求したためだと説明する。

「それはカナダで彼らとのオープンに議論したことだ。彼らは全員が『どこかに線を引く必要がある。最初のシーケンスから外れた場合、それがその位置であり、その決断が生きる』と述べていた」とミハエル・マシは語った。

ミハエル・マシは、セルジオ・ペレスがペナルティを回避できたはずの1つの方法を説明した。

「もしセルジオがこれらの2台の車の後ろでターン6から出てくることを選んだならば、我々は彼が自分自身で不利益を作り出したと見なしただろう」

関連:セルジオ・ペレス、ペナルティに困惑 「僕はルールに従った」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: セルジオ・ペレス | F1フランスGP | レーシングポイント