F1 セルジオ・ペレス
レーシングポイントのセルジオ・ペレスは、F1フランスGPのオープニングラップでのコースオフにペナルティが科せられた理由に困惑していると語る。

14番手からのスタートしたセルジオ・ペレスは、コースオフした際に指示通りにターン3のボラードの外側を走り回って合流したが、そこでアドバンテージを得たとして5秒加算ペナルティ科せられた。

セルジオ・ペレスは、自分は指示に従って走ったと感じており、ペナルティに混乱していると語る。

「なぜ僕がペナルティを受けたのか理解できない」とセルジオ・ペレスは Autosport にコメント。

「僕はやるべきことをやったと思う。ボラードをちゃんと回った。それは遅くなることを意味するけど、どうやら僕はアドバンテージを得たみたいだね」

「自分が間違ったことしたのかを確認するために見直さなければならない。でも、僕の観点では自分がコース上のどの位置にいるかを判断するのはとても難しい」

「僕はヒュルケンベルグの後ろで戻った。それは僕がスタートした一であり、ターン1で走行していた位置だ。とにかく見直さなければならない。「ボラードの周りを回れば、多くのタイムを失うことになる。それが僕がやったことだ」

「ボラードの周りを回るなんて嫌だけど、僕はルールに従った。それでもペナルティを受けた。ルールは明らかだ。もし、何らかの理由でコースオフした場合は、とにかくボラードの周りを回らなければならない。僕はそうしたんだけど・・・おそらくボラードの周りを回るのが十分に遅くなかったのかもしれない。もっと遅く走らなければならないのかもね」

12位でレースを終えたセルジオ・ペレスは、第4戦アゼルバイジャンGPで6位でフィニッシュして以来ポイントを獲得できていない。セルジオ・ペレスはペナルティによって“相応しい”ポイントフィニッシュを奪われたと感じていると語る。

「私たちは良い状態だったと思う。僕たちはルノーとアルファスの近くにいた」

「今日のレースのペースではずっと接近していたし、僕たちはポイントに値すると思う。でも、そうだね、ポイントは僕たちから取り上げられた」

「レースで持っていたペースをとても有望だったので、それには満足している。僕たちはかなり近づいていたいし、来週はもっとうまくやれるだろう。ポイントに戻れることを願っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: セルジオ・ペレス