F1 セルジオ・ペレス
セルジオ・ペレスは、2014年にフェラーリに移籍する機会があったにもかかわからず、2013年にマクラーレンで走ることを選択していたことを明かした。

セルジオ・ペレスは、2012年に当時のフェラーリのチーム代表だったステファノ・ドメニカリと話し合い、2014年のフェラーリ移籍について話し合っていたことをF1公式サイト語った。

当時、セルジオ・ペレスはフェラーリ・ドライバー・アカデミーのメンバーであり、その契約には2013年にエンジンカスタマーであるザウバーで3年目のシーズンを走ることも含まれていたという。

だが、セルジオ・ペレスは2013年にマクラーレンに移籍することを決断。結果として1年でシートを失うことになった。

「マクラーレンの状況を考えれば、おそらく間違った瞬間に移籍してしまったと思う」とセルジオ・ペレスはコメント。

「2012年に僕はフェラーリのメンバーだったし、2014年の契約を結ぶことになっていた。もう1年ザウバーと過ごしてから、フェラーリに移籍しなければならなかった」

「マラネロに行き、ドメニカリと話し合った。彼は『2014年の事前契約をしよう』と僕に言った」

セルジオ・ペレスは、2012年にいくつかのトップチームからアプローチを受けたと明かした。

「当時、メルセデスも興味を示していたし、フェラーリもマクラーレンもそうだった。当時は僕は本当に強い立場にいた。僕は『自分はタイトルを勝ち取ることができるので競争力のあるクルマに乗る必要がある』と思っていた」

「マクラーレンとの機会が訪れ、マクラーレンは過去5年間でタイトルを争っていた。どうしてノーと言えるだろう。それは非常に明白なことだった」

だが、セルジオ・ペレスは、フェラーリとの関係を犠牲にしてマクラーレンと1年契約を結んだのは“間違い”だったと述べた。

「基本的にフェラーリ・アカデミーに別れを告げなければならなかった、そして、僕はマクラーレンに行った。間違いは1年契約にサインしたことだったと思う。当時の僕の経営陣は契約に関して堅実な仕事をしてなかった」

「それは悲しいことだったし、僕のF1での評判を傷つけたと思う。でも、そのあと僕は素晴らしいチームに来て、チームで大成功を収めた」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: セルジオ・ペレス