セルジオ・ペレス
セルジオ・ペレスが、これまでのF1テスト、そして開幕戦バーレーンGPへの意気込みを語った。

これまでのテストはいかがでしたか?
テストの4日間は僕にとって満足できるものだった。マシンとチームにうまく対応できた。マシンに乗るたびにより快適に感じられた。すべての手順にもますます慣れることができた。なので、バルセロナでの次のテスト、シーズンのスタートをほんとに楽しみにしている。レースで望んでいる場所にいくためには多くの経験を積む必要がある。

あなたが学んだなかで最も重要だったことは何ですか?
ひとつだけ挙げるのは違うと思う。いろいろなエリアで多くのことを学んだ。異なるタイヤコンパウンド、マシン全体、すべてのいろいろな手順、エンジニアとの作業。本当に多くのエリアを一斉に学んだし、絶えず良くなっていると思う。

F1に新しく加わるドライバーにとって、最も難しい面はなんですか?
タイヤかもしれない。特に異なるコンパウンドかな。トラックを走っているとき、タイヤの挙動とマシンは絶えず変化しているし、常に適応しなければならない。それは経験によって得られるものだと思う。

バレンシアの初日に103周を走り込みましたね。体力的にはいかがでしたか?
「それは問題なかった。体力的には良い状態だ。ここ数カ月にわたって多くのトレーニングをしていきた。なので、次のテスト、そしてバーレーンでのシーズン開幕戦にむけて十分に準備ができていると感じている。多くのラップを走る混むことができたので、体力面では準備ができているよ。

たくさんの仕事がありますが、それも楽しみですか?
もちろん、楽しいよ! F1カーをドライブすることは最高だね! F1にいることを素晴らしいことだと感じているし、全てのラップを楽しんでいる。なので、そうだね、きつい仕事だけど、とても楽しくもあるよ!

バルセロナのテストのあと、2月26日のロードショーのために故郷メキシコのグアダラハラに行きますね。それについてお話していただけますか?
僕にとって非常に特別な日だし、家族や友達みんなと家で過ごして、都市でF1カーを走らせる。バーレーンに出発する前にさらなるモチベーションになるだろうね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セルジオ・ペレス / ザウバー