パスカル・ウェーレイン
元F1ドライバーンのパスカル・ウェーレインは、2019年にフェラーリのF1シミュレータードライバーに就任した後、フォーミュラE参戦に加え、インディカーとル・マン24時間レースにも参戦する可能性が報じられている。

元メルセデスの契約ドライバーであるパスカル・ウェーレインは、メルセデスがDTMへ参戦を終了した昨年末、さらなるチャンスを得るために契約を解消した。

今年はマヒンドラからフォーミュラEに参戦しつつ、正式発表はされていないものの、フェラーリのF1シミュレータードライバーに就任したと報じられている。

マノーとザウバーでF1を戦ったパスカル・ウェーレインは、6月のル・マン24時間レースのGTEクラスに参戦する可能性があると Autosport は報道。さらにインディカーにもスポット参戦する可能性があると伝えている。

「僕は2つ以上のレースシリーズを開始するかもしれない。1つはヨーロッパ、1つはアメリカでね」とパスカル・ウェーレインはコメント。

フェラーリは、まだパスカル・ウェーレインのシミュレータードライバー就任を正式に発表おらず、ウェーレイン自身も契約についてはあまり語ろうとはしていない。

「現時点でそれについて交渉しているのは事実だし、それが実現する可能性はある」とパスカル・ウェーレインは語った。

メルセデスとの契約が残っていたためフォーミュラEの開幕戦に出場できなかったパスカル・ウェーレインは、先週末にマラケシュで開催された第2戦でフォーミュラEデビューを果たしたが、わずか7周でリタイアを喫している。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: パスカル・ウェーレイン