ヒューゴ・ハッキネン
F1グリッドにハッキネンの名字が戻ってくることはしばらくなさそうだ。

2度のワールドチャンピオンに輝いたミカ・ハッキネンの息子、15歳のヒューゴ・ハッキネンは、この数年間、フランスでカートレースをしていた。

父のミカ・ハッキネンは、1998年と1999年にマクラーレンでタイトルを2連覇したが、息子のヒューゴはレース以外の道に進むことを決めたという。

「ヒューゴはカートに挑戦し、才能はあった。しかし、そこに情熱を見いだせなかったようだ」とミカ・ハッキネンは述べた。

「彼は今15歳だ。サッカーに夢中だよ。プロサッカー選手になりたいと言っている。私もそれを応援するつもりだ」

「彼がプロのレーシングドライバーにならないことは気にしない。それが彼の望みだったら、それをサポートしただろうけどね。そうするのが親というものだろう?」

「2度のF1チャンピオンの息子としてレーシングドライバーになるのはタフなことだと思う。有利な面と同じくらい不利な面もある。私の旧友でライバルだったデイモン・ヒルに聞いてみればいい。ヒューゴはサッカーを選んだ。それならば、私はそれを最大限サポートしよう。そのために私がいるのだから」

F1の2世ドライバーは現在のグリッド上に2人いる。ニコ・ロズベルグとマックス・フェルスタッペンだ。カルロス・サインツの同名の父はラリーの元チャンピオンだが、F1で戦ったことはない。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1関連