エプシロン・ユースカディ
エプシロン・ユースカディが、13番目のF1チームを目指して申請を行った。

USF1の参戦が失敗に終わったことにより、FIAは新規参戦チームの募集を開始。2011年のF1参戦に興味のあるチームは、4月15日まで1,000ユーロを収めることになっている。

完全な申請は6月末までの提出が必要であり、FIAは「2010年7月の決定に向けて努力していく」としている。

エプシロン・ユースカディは、2010年のF1デビューを目指してエントリーを行っていたが叶わなかった。

「我々は去年の6月に準備ができていたし、財政的な支援もあったが、どういうわけか選ばれなかった」とチーム代表のホアン・ヴィラデルプラットは語る。

ホアン・ヴィラデルプラットは、マクラーレン、フェラーリ、ベネトン、ティレル、プロストで何十年にもわたりF1で働いてきた。

「我々はプロジェクトを再開する。私の仕事は、我々が得ていた全ての支援を再び集めることだ。FIAが来年に向けての十分な準備期間を与えてくれれば、我々はF1にいる可能性がある」

前回の選考プロセスでは、エプシロン・ユースカディが常に最有力候補として名前が挙げられていた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F1関連 / エプシロン・ユースカディ