小山美姫も参戦!Wシリーズが女性だけの公式バーチャルレースを開催
日本人ドライバーの小山美姫も参戦する女性だけのレースシリーズであるWシリーズが、公式バーチャルレース『W Series Esports League』を開催することを発表した。

新型コロナウイルスによって世界中がロックダウン状態にある中、F1やインディカー、MotoGPといった主要なシリーズがオンラインゲームを使った公式バーチャールレースを開催している。

『W Series Esports League』には小山美姫を含めたWシリーズに参戦する18人のドライバーが参戦。また、他の女性ドライバーのための“招待枠”も用意。プラットフォームはiRacingが使用され、シムレースの大手Logitechや放送局のBeyond Entertainmentと提携している。

iRacingには、Wシリーズで使用されているTatuus F3カーがないので、代わりにパフォーマンスという点で非常に類似したTatuss Formula Renault 2.0レースカーが使用される。

サーキットは、モンツァ、サーキット・オブ・アメリカズ、ブランズハッチ、インテルラゴス、スパ・フランコルシャン、ワトキンス・グレン、鈴鹿、バサースト、ニュルブルクリンク、シルバーストーンの順で10ラウンドにわたって行われる予定。

WシリーズのCEOであるキャサリン・ミュアボンドは「進行中の世界的なCOVID-19の危機の結果として、世界のどこにもトラックレースがないなかで、我々Wシリーズは自身のW Series Esports Leagueの発足を発表できることをうれしく思います」とコメント。

「私たち自身とパートナーであるLogitech、Beyond Entertainment、iRacing、および主要スポンサーであるROKiT Phonesとの協力により、記録的な速さでこれをまとめるために行われた作業に非常に感銘を受けました。その結果、ドライバーにとって困難でエキサイティングな挑戦となり、YouTube、Twitch、およびオンラインゲーム専用のその他のストリーミングプラットフォームでファンが見ている革新的でスリリングなスペクタクルになります」

レースの日付と詳細の表示に関する情報はまもなく発表される。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F1関連