佐藤万璃音、2019年のユーロフォーミュラ・オープンのチャンピオンを獲得
佐藤万璃音が、2019年のユーロフォーミュラ・オープン(EuroFormula Open)のチャンピオンを獲得した。

ユーロフォーミュラ・オープンは、ダラーラ製のF3シャシーを使用したシングルシーターシリーズ。F1が開催されているシルバーストーン、モンツァ、スパ・フランコルシャンといったヨーロッパの9つのサーキットを転戦し、9チーム、21名のドライバーがチャンピオンシップを争う。

佐藤万璃音(20歳)は、自動車メーカーのバックアップなしでイタリアF4、ヨーロッパF3と海外での経験を積み、今年はモトパークからユーロフォーミュラ・オープンに参戦している。

シーズン途中にカンポスからF2への参戦が決定した佐藤万璃音は、第7戦シルバーストーンを欠場したが、第8戦バルセロナで復帰。レース1を9位でフィニッシュし、264ポイントを獲得し、3レースを残して2019年のチャンピオンを獲得。8勝、6回のポールポジションを獲得する圧倒的な強さをみせた。レース2でも6位でフィニッシュしている。

「カートを卒業してから初めてのタイトル。エンジニアに常に最高のクルマを作ってもらって、メカニックは今シーズン1度もテクニカルフェイリュアーのない完璧な仕事。チームのみんな、家族、応援してくれる方々に感謝しきれません。まだまだ長い道のりの途中です。また今週も頑張ります」と佐藤万璃音は語った。

なお、バルセロナでのレース2では名取鉄平が初ポール&初優勝&初ファステストラップを記録している。

ユーロフォーミュラ・オープンは、10月12~13日にモンツァで最終戦を迎える。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F1関連