F1 EU離脱
英国を拠点とするF1チームは、英国のモータースポーツ統治団体によるイニシアチブがEU離脱(ブレグジット)問題に関連する懸念を軽減することに役立つと考えている。

Motorsport UKの代表であるデビッド・リチャーズは、F1で最大のチームのひとつを含む3つのF1チームともに、EUを離脱した場合の潜在的な結果に対する懸念を表明するためにテリーザ・メイ首相にアプローチすることを検討している。

F1では5月中旬から9月までにヨーロッパでは9回のグランプリが行われ、ヨーロッパのレースに関連した関税の観点からF1チームにタスクは大変困難を伴うことになると考えられている。

さらにヨーロッパから有能なスタッフの雇用、製品やサービスの輸出入のコストも問題となってくる。

デビッド・リチャーズは「我々が誇りに思うべきことは、トップのFチームとワールドチャンピオンがここを拠点としていることだ」とオートスポーツ・インターナショナルショーで述べた。

「そして、我々は彼らの生活を困難なものにすることになる。我々はそうならないようにしなければならない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1関連