F1 フラビオ・ブリアトーレ ルノーF1
元ルノーのF1チーム代表を務めたフラビオ・ブリアトーレは、イタリアの裁判所から懲役18か月の実刑判決を言い渡された。

2年前、フラビオ・ブリアトーレは自身が所有する豪華クルーザー『フォース・ブルー』の購入に関連した脱税容疑で有罪判決を受け、上告していた。

La Gazzetta dello Sport の報道によると、検察は4年の懲役刑を主張したが、ジェノアの控訴裁判所はフラビオ・ブリアトーレに1年6ヵ月の実刑判決を科したという。

裁判ではフラビオ・ブリアトーレを含めた5名が脱税容疑で起訴されている。

フラビオ・ブリアトーレらはフォース・ブルーを業務に使用していたとする請求書を偽造し、それによって360万ユーロ(約4億8千万円)の付加価値税納付を脱税していたという容疑がかけられていた。フォース・ブルーはすでに差し押さえられている。

フラビオ・ブリアトーレの弁護士は「裁判官の判決に留意したうえで最高裁に上告することになるだろう。我々はブリアトーレ氏の無実を確信している」と語っている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1関連