ハースF1のニキータ・マゼピン 「マシンの問題を信じてもらうまで5レースかかった」
ハースF1のニキータ・マゼピンは、自分がルーキーであるため、チームに自分ではなくマシンに問題があると信じてもらうまで5レースかかったと語った。

ハースF1は、2022年に焦点を置き、2021年マシンであるVF-21をほとんど開発しなかったため、苦戦することは想定されていた。ミック・シューマッハとニキータ・マゼピンの新人コンビは、F1のコツを学びながら、それらを最大限に生かそうと奮闘した。

ニキータ・マゼピンのハースF1でのキャリアは、“重くて遅い”シャシーからパフォーマンスを引き出すことに苦戦を強いられたことで特に困難を極めた。

しかし、最初のハードルは、ハースF1に問題がニキータ・マゼピン自身ではないと信じさせることだった。

「最初のプラクティスから、僕は自分が感じたことを確信していた。僕の無線でそれを聞くことができると思う。その時、僕は『バーレーンのテストで1台のマシンを運転し、今は別のマシンを運転している』と言ったし、マシンはあらゆる問題を抱えていた」とニキータ・マゼインはMotorsport-Magazin.comのインタビューで語った。

「僕はすぐにこのマシンに何か問題があると言った。残念ながら、『何かがおかしい。何かを試さなければならない』と言っているルーキーを信じてもらうのに5レースかかった」

「僕は理論上では遅いけど、より予測可能なものを試し、最終的にはより速くなった」

ニキータ・マゼピンは、初期段階でVF-21を理解するのに苦労してスピンを重ね、“マゼスピン”というニックネームが付けられた。

ニキータ・マゼピンは、そのタグを無視することはできないが、高額なクラッシュの数は非常に少なかったと指摘した。

「僕が言えるのは、人生でスピンをそこまで気にかけたことはなかったということだ」とニキータ・マゼピンは続けた。

「確かに人生で何千回もスピンしてきた。他のドライバーと同じようにね! F4、F3、F2を運転するときは、スピンするのが自然なことだ。クラッシュするより、スピンの方がマシだ! でも、このテーマは間違いなく僕の注意を引いた」

「でも、見てもらえれば、僕のスピンの回数はかなり少ない。マシンを1回クラッシュさせて100万ドル払うよりも、5回スピンするほうがいいと思う。そういうことにしておいてよ」

ハースF1のマシンは、ルーキーシーズンにポイントを争うパフォーマンスを欠いており、ニキータ・マゼピンは2021年シーズンはF1で競争することが理由ではなかったことを認め、代わりに焦点は、ハースF1が再び競争できるように、最悪の状態からチームを前進させるのを助けることにあったと語る。

「F1で最下位をかけてレースをしていると、レーシングドライバーのメンタリティは、常にもっと良い明日を望ぶものだ。いつももっと速く、もっと良い一日を過ごしたいと思うものだ。その点で、今年はレースをしていなかった」とニキータ・マゼピンは語った。

「僕はチームをより大きな成功へと導き、より優れた、より競争力のあるマシンを手に入れるために運転していた。彼らはここ数年それを持っていなかった」

「今日が重要なのではなく、これから起こることが重要だ。夢が叶うことを願っている」

ニキータ・マゼピンは、ハースF1との実際の仕事は、この冬、テストでコースに出たときに始まると考えており、その時点でハースF1に改善する必要のあるフィードバックを提供し始めることができると信じている。

ハースF1は、2022年F1マシンは昨年とは異なり、新しレギュレーションによって順位を上げる機会だと見なしている。

「このチームとの契約が続く限り、続けていく計画を立てている」とニキータ・マゼピンは語った。

「現時点では、契約は2022年末まで有効だし、継続するオプションがある。僕の計画は、紙やコンピューターでチームと一緒に開発作業を開始することではない。僕の計画はそれをトラックに乗せることだ。それは冬のテストから始まる」

「チームが僕から必要なフィードバックを確実に受け取れるように最善を尽くしていく。現時点ではどこまで行けるかだ」

F1で表彰台を獲得し、優勝するためのスケジュールがあるかどうかを質問されたニキータ・マゼピンは「もちろんそれについて考えている」と答えた。

「チャンピオンシップに勝ちたい、レースに勝ちたい、ポールポジションを獲得したい。表彰台に上がりたいけど、どのチームでそれを達成できるのかはわからない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ニキータ・マゼピン / ハース