ハースF1代表、ニキータ・マゼピンに“マゼスピン”をプレゼント
ハースF1のチーム代表を務めるギュンター・シュタイナーは、ニキータ・マゼピンに悪名高いニックネームである“マゼスピン”と名付けた駒をプレゼントした。

今年、ハースF1でデビューを果たしたニキータ・マゼピンは、スピンが多きことから“マゼスピン(Mazespin)”と揶揄されている。「マゼピンが最後にスピンしたのはいつか?」を追跡するソーシャルメディアアカウントとウェブサイトも制作されている。

ギュンター・シュタイナーは、ニキータ・マゼピンはオーストリアのモーターホームのオフィスに呼んで、洒落の効いたプレゼントを贈呈。SNSにその映像を公開した。

「ここにちょっとしたプレゼントがある。これでキミは 『マゼスピン』を続けることができる・・・」とギュンター・シュタイナーは微笑みながらニキータ・マゼピンに箱を手渡した。

「これで、君はスピンすることができる。現在、2つある。これはMazespinゲームだ。これをスピンさせる。マシンをスピンせるよりもいいだろう!」

ニキータ・マゼピンはユーモアを交えてプレゼントを受け取り、その後「マゼスピン」と写真を撮った。

ニキータ・マゼピン、バーレーンでの開幕戦のオープニングラップでバリアにクラッシュ。第2戦イモラでもプラクティスとレース中にイモラで何度もスピンを喫し、ポルトガル、スペイン、バクー、フランス、そして今週末のオーストリアでプラクティスでもさらに追加した。

ギュンター・シュタイナーは、ニキータ・マゼピンがシーズン序盤のスピンの後、自信を失っていたが、状況は改善したと感じている。

「彼が入ってきたとき、彼の自信は少しノックされたと思う」とギュンター・シュタイナーは今年の初めに語った。

「ご存知のように、バーレーンはトラックと風のある非常に困難な状況だった。そして、彼はいくつかのスピンを喫し、それは彼を少し不安にさせたと思う」

「しかし、彼は今それを理解していると思う。彼にとってはもうショックだったのは確かだが、彼はその瞬間に彼の行動をまとめている。彼は進歩していることがわかる」



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ニキータ・マゼピン / ハース