【動画】 2019年のF1世界選手権
F1公式サイトが、2019年のF1世界選手権のオーバーテイク トップ10を発表した。

21戦で争われた2019年のF1世界選手権では745回(平均35.5回)のオーバーテイクがあった。これは昨年の615回と比較して1.21%の増加となる。今年はフロントウイングのレギュレーションが変更され、前半戦は退屈なレースに批判があったが、中盤以降のクラシックなサーキットでは各チームがシャシーを改善したことでオーバーテイクが増加した。

DRSが導入された2011年から2016年までは平均40回のオーバーテイクがあったが、2017年にマシンの幅を広くしてダウンフォースを増加するレギュレーション変更によって合計435回(平均21.75回)に落ち込んだ。しかし、この2年間で着実にオーバーテイク数は増えている。

ちなみにDRSが導入される前はシーズンで300回のオーバーテイクを超えることは稀だった。2017年の435回を上回るのは1991年の495回まで遡る。

2019年のF1世界選手権 オーバーテイク トップ10

10.クビアト vs サインツ(カナダGP)
09.ペレス vs ノリス(アブダビGP)
08.クビアトvs ライコネン(スペインGP)
07.フェルスタッペン vsルクレール(オーストリアGP)
06.ライコネン vsマグヌッセン(ドイツGP)
05.アルボン vs ストロール(ドイツGP)
04.ハミルトン vs ボタス(イギリスGP)
03.サインツ vs ペレス(ブラジルGP)
02.ルクレール vs グロージャン(モナコGP)
01.フェルスタッペン vs ハミルトン(ブラジルGP)

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F1動画