F1動画の2016年10月のF1情報を一覧表示します。

【動画】 2016 F1メキシコGP 決勝レース ハイライト

2016年10月31日
F1 メキシコ 決勝 動画
2016 F1 第19戦 メキシコGPの決勝レースが30日(日)、メキシコシティのアウトドローモ・エルマノス・ロドリゲスで行われた。

レースは、ルイス・ハミルトン(メルセデス)が2戦連続となるポール・トゥ・ウィン。メキシコで初優勝を果たし、通算勝利数でアラン・プロストに並ぶ歴代2位タイの51勝目を挙げた。2位にもニコ・ロズベルグが続き、メルセデスが1-2フィニッシュ。二人のポイント差は19ポイントに縮まった。

【動画】 レース終盤のセバスチャン・ベッテルとレッドブル2台の3位争い

2016年10月31日
F1 メキシコ 動画
F1メキシコGPの決勝レースでは、レース終盤にセバスチャン・ベッテルとレッドブルの2台による激しい3位争いが見られた。

残り3周、3位を走るマックス・フェルスタッペンは、セバスチャン・ベッテルとの攻防のなかでターン1でコースオフ。しかし、コースに戻ってもポジションを譲らなかったことでセバスチャン・ベッテルとフェラーリ陣営は激怒。

【動画】 2016 F1メキシコGP 予選ハイライト

2016年10月30日
F1 メキシコ 予選 動画
2016 F1 第19戦 メキシコGPの予選が29日(土)、メキシコシティのアウトドローモ・エルマノス・ロドリゲスで行われた。

天候は晴れ。予選ではルイス・ハミルトン(メルセデス)が、チームメイトのニコ・ロズベルグに0.254秒差をつけて2戦連続でポールポジションを獲得。2列目にはマックス・フェルスタッペンとダニエル・リカルドのレッドブル勢が続いた。

【動画】 2016 F1アメリカGP ディレクターズカット

2016年10月29日
2016 F1 アメリカ 動画
F1公式サイトが、2016 第18戦 F1アメリカGPの映像を再編集したディレクターズカットを公開した。

テキサス州オースティンにあるサーキット・オブ・ジ・アメリカズで開催されたF1アメリカGP。

レースは、ポールポジションからスタートしたルイス・ハミルトンが、序盤から後続を引き離す危なげない展開で優勝。F1通算50勝目を挙げて、歴代2位のアラン・プロストまであと1勝と迫った。

【動画】 フェリペ・ナッセのフロントウィングが粉砕 / F1メキシコGP

2016年10月29日
F1メキシコGP 動画
フェリペ・ナッセ(ザウバー)は、F1メキシコGPのフリー走行1回目でフロントウィングが粉砕するというトラブルに見舞われた。

セッション開始から33分。ハローを装着して走行を行ったフェリペ・ナッセは、縁石に強く乗り上げたあと、フロントウィングの右側が突然粉砕。

この事故により、セッションは一時赤旗中断となった。

【動画】 ジェンソン・バトン、オープニングラップで8台抜き

2016年10月26日
ジェンソン・バトン 動画 F1アメリカGP
ジェンソン・バトンのF1アメリカGPでのオープニングラップのオンボード映像が公開された。

F1マレーシアGPでは、チームメイトのフェルンド・アロンソが10台をごぼう抜きする驚異的なオープニングラップを見せたが、F1アメリカGPではジェンソン・バトンも負けていなかった。

予選ではマクラーレンのタイミングのミスもあり、Q1敗退を喫して19番手からスタートしたジェンソン・バトン。

【動画】 マクラーレン、ジェームス・ハント主役の『TOONED』特別版

2016年10月25日
マクラーレン TOONED ジェームス・ハント
マクラーレンは、チームを題材にしたCGアニメ『TOONED』の特別版を公開した。

今作は、1976年にジェームス・ハントがワールドチャンピオンを獲得してから40年を記念して製作された。

舞台は2016年のモナコ。ジェンソン・バトンとフェルナンド・アロンソが、1976年モナコGPのジェームス・ハントの秘密を語る。そして、二人も・・・。

【動画】 2016 F1アメリカGP 決勝レース ハイライト

2016年10月24日
F1 2016 アメリカグランプリ(USGP) 決勝 動画
2016 F1 第18戦 アメリカGPの決勝レースが23日(日)、サーキット・オブ・ジ・アメリカズで行われた。

レースは、ポールポジションからスタートしたルイス・ハミルトンが、序盤から後続を引き離す危なげない展開で優勝。F1通算50勝目を挙げて、歴代2位のアラン・プロストまであと1勝と迫った。

2位にはニコ・ロズベルグ(メルセデス)、3位にはダニエル・リカルド(レッドブル)が続いた。

【動画】 マックス・フェルスタッペン、勘違いでピットイン

2016年10月24日
マックス・フェルスタッペン ピットイン 勘違い
マックス・フェルスタッペンは、チームが想定していないタイミングでピットに飛び込んでしまったのは責任だと認め、“あまり利口ではなかった”と反省を口にした。

マックス・フェルスタッペンは、27周目にピットインしたが、レッドブルのメカニックは待機しておらず、表彰台のチャンスを逃したかに思えた。結局、フェルスタッペンは、その数周後にギアボックスが壊れてリタイアした。
«Prev || 1 | 2 | 3 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム