MotoGP ホンダ ドイツGP
マルケス今季5回目のPP。7年連続ポールトゥウインに向け前進
MotoGP 第9戦ドイツGPの予選は、終日、青空が広がる絶好のコンディションの中で行われ、フリー走行でトップタイムをマークしたマルク・マルケス(Repsol Honda Team)が、予選でもすばらしい走りを見せて、3戦ぶり今季5回目のポールポジション(PP)を獲得した。ドイツGPの最高峰クラスでは7年連続、125cc、Moto2クラスを含めて、10年連続PP獲得を果たした。

これでマルケスは、記録更新中の最多PP記録を「85」とした。そして、最高峰クラスでは57回目となり、Hondaで5年連続チャンピオンに輝いたミック・ドゥーハンのもつ最高峰クラス最多PP記録の「58」にあと「1」に迫った。

今大会は、天候に恵まれたが、タイヤの選択に多くの選手たちが頭を悩ませた。マルケスは、いつも通り、タイヤテストに多くの時間を割きたが、予選Q2では、フロントにハードを選んでアタックするなど、これまであまり経験したことがないタイヤ選択となった。しかし、3度のアタックをすべて成功させ、昨年マルケス自身が更新したサーキットベストタイムをさらに塗り替える快走でファンを喜ばせた。決勝では、最高峰クラスで7年連続、通算10年連続でのドイツGP制覇に挑む。

カル・クラッチロー(LCR Honda CASTROL)が6番グリッドを獲得した。開幕前日、トレーニング中に右ヒザを痛めたクラッチローだが、初日6番手タイムをマーク。この日も、午前中のFP3で総合4番手にポジションを上げると、予選Q2では、6番グリッドを獲得した。クラッチローもタイヤに厳しい決勝レースを予想しているが、2位になった16年以来の表彰台獲得、そして今季初優勝に挑む。

前戦オランダGPで痛めた左足首の影響で初日15番手と出遅れた中上貴晶(LCR Honda IDEMITSU)が、10番グリッドを獲得した。午前中のフリー走行では13番手に終わり、ダイレクトでのQ2進出を逃す。しかし、Q1で2番手につけると、Q2で10番手タイムをマークして今大会もトップ10入りを果たした。オランダGPでは、他者の転倒に巻き込まれて左足を痛めた。この日もテーピングを施し、痛み止めの注射を打っての熱走となり、チームスタッフはもちろん、ファンからも大きな拍手が送られた。

ケガで欠場しているホルヘ・ロレンソ(Repsol Honda Team)の代役として出場のステファン・ブラドルが14番グリッドを獲得した。フリー走行に続き、この日も多くのメニューをこなし、多くのデータを収集した。決勝では、さらに上位を目指し、地元ファンの期待に応える意気込みだ。

マルク・マルケス(1番手)
「FP1からいいフィーリングがあり、今日もいい走りができました。違うタイヤや違うセッティングを試し、予選でも、違うことにトライする時間がありました。明日に向けて準備はすべて整いました。しかし、ヤマハのライダーはとても速いです。特にビニャーレスとクアルタラロはとても速く、彼らの走りに注意しなければなりません。今日はポールポジションを獲得できましたが、決勝で優勝できるかどうかはやってみなければわかりません」

カル・クラッチロー(6番手)
「アッセンに続き、6番グリッドを獲得できてうれしいです。明日は、とても長く難しいレースになると思います。今日の暑さはタイヤに厳しい条件でしたが、全体的には満足しています。レースでどのタイヤを使うかはまだ決まっていませんが、FP4ではかなり使いこんだユーズドタイヤで走り、決勝に向けてタイヤのシミュレーションができました。いいレースができることを願っています。マルクはほかのライダーに比べるといいペースがありますが、自分も表彰台争いか、トップ10争いができるポテンシャルがあると思います。このサーキットではいつもいいレース、いいバトルが見られます」

中上貴晶(8番手)
「非常に厳しい一日でした。朝おきたときは足の状態はそれほど悪くなかったのですが、FP3が始まり、30分過ぎた頃から、痛みがひどく、さらに力が入らならくなり、ふんばれない状態となりました。そのためFP4の前に痛み止めの注射を打って走りました。途中、シフトダウンができない状態になり、今回はレースをするのは無理かなと思いましたが、テーピング外してみたら、なんとか走ることができたので、そのまま、Q1、Q2に挑みました。Q1を2番手でQ2にいけたのはサプライズでした。チームもよろこんでくれました。そして、Q2で10番手になれたことも、うれしい出来事でした。反面、この状態で10番手なのだからと悔やまれます。昨日の課題だったリアのグリップも多少改善されたので、明日の決勝は完走目指して、最後まで全力を尽くします」」

ステファン・ブラドル(14番手)
「今日も忙しく、実りある一日になりました。今日はたくさんの仕事をこなしました。ペースはいいです。明日は5列目からのスタートなので、トラブルに巻き込まれないよう冷静に走らなければなりません。レースが楽しみです。いくつかポジションを上げられると思うのでレースが楽しみです」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: MotoGP