ミック・シューマッハ 「F1での将来にエクレストンのアドバイスなど不要」
ミック・シューマッハは、元F1最高責任者バーニー・エクレストンの「F1を忘れて他のカテゴリーに転向すべき」というアドバイスを聞き入れることを拒否した。

92歳のバーニー・エクレストンは、RTLに対し、F1レジェンドであるミハエル・シューマッハの23歳の息子ミック・シューマッハは、ハースF1チームのシートを失うと考えていると語った。

ハースF1チームの代表を務めるギュンター・シュタイナーは、今週末のF1ブラジルGPでミック・シューマッハの将来を明らかにすることを示唆していた絵が、木曜日にそれは「間違いなく起こらない」と訂正した。

「来週のアブダビでの週末の前に、計画を発表できることを望んでいる」」とギュンター・シュタイナーは語った。

「それが私の目標だが、約束はしない」

この話題について質問されたミック・シューマッハは「僕のプランは続けることだ」と語った。

また、バーニー・エクレストンのアドバイスいついては「F1を忘れるのは難しい。大好きだし、忘れることはできないだろう」とBildに語った。

「常に誰もがいろいろなことに意見を持っているけど、僕が気にしている人の意見しか気にしない」

それは誰かと質問されたミック・シューマッハは「もちろん、家族だ」とコメント。

「F1にも数人いる。例えば、セバスチャン・ベッテルがそうだね。そららは僕にとって重要な意見だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ミック・シューマッハ / バーニー・エクレストン / ハース