ミック・シューマッハ、2023年にウィリアムズF1移籍の可能性は残存
ミック・シューマッハの2023年の F1 残留への希望は、今やハースかウィリアムズの手にかかっている。

ザントフォールトの週末は、23歳のミック・シューマッハが年末にフェラーリの育成アカデミーから外されるという噂が強まる一方だった。F1オランダGPでのシューマッハのパフォーマンスについて尋ねられたフェラーリF1のチーム代表であるマッティア ビノットは内気なように聞こえた。

「彼は良い予選をしていた」とマッティア・ビノットは Deutschland に語った。

「しかし、我々は主に自分たちチームに集中しており、パフォーマンスがどうだったかをもう一度見直す必要がある」

ミック・シューマッハは、ハースF1チームによる不適切なピットストップがポイントフィニッシュを犠牲にしたと考えている。

「そうかもしれないけど、僕はそのようなことを制御することはできない」とミック・シューマッハは語った。

「F1ではすべてが限界に達しているため、こうしたことは起こる」

「ドライバーであろうとチームであろうと、何かがうまくいかないこともある」

ミック・シューマッハのフェラーリとの契約が満了することで、フェラーリのF1エンジンを搭載するハースF1チームにとどまる可能性が大幅に低下すると考える人もいる。

「ミックはまだコックピットを争っている」とハースF1チームの代表を務めるギュンター・シュタイナーは語った。

「だが、最終的にはあと数戦待つことになる。彼はカナダ、オーストリア、シルバーストーンで非常に良い仕事をした。それ以来、マシンは標準に達していない。しかし、それがどうなるか見てみよう」

「特定の状況下で、今年彼は我々が望んでいたように成長した。皆に感銘を与えた非常に良いレースをいくつかあった」

「しかし、我々には一貫性が必要であり、どうすればチームを前に進めることができるかを確認する必要がある。我々は現状維持は望んでいない」

ミック・シューマッハが追放された場合、ウィリアムズ(ニコラス・ラティフィはまだ2023年の契約を結んでいないことを認めている)が、F1にとどまる彼の唯一の現実的な選択肢のようだ。

2016年F1ワールドチャンピオンのニコ・ロズベルグは「そのプレッシャーの中で、ミックは土曜日の予選でマグヌッセンを圧倒した」とDeutschlandにコメント。

「来年のハースとウィリアムズが彼の最高のチャンスだと思うが、彼はグリッドにとどまるに値する」

メルセデスF1のチーム代表であるトト・ヴォルフは、数年前に若いジョージ・ラッセルのためにメルセデスのF1チームを搭載するウィリアムズのF1シートを交渉することに成功したが、ミック・シューマッハを獲得するためにウィリアムウを強くプッシュすることはないと述べた。

「私がウィリアムズにミックを連れて行くように言ったら、彼らは反対のことをするだろう」とトト・ヴォルフは冗談を言った。

「だから何も言わない。しかし、彼は素晴らしい若者であり、間違いなくF1にふさわしい人物だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ミック・シューマッハ / ウィリアムズ / ハース