F1:ミック・シューマッハにラルフおじさんが喝 「ミスが多すぎ」
元F1ドライバーのラルフ・シューマッハは、甥であるミック・シューマッハが“ミスが多すぎる”と叱責し、スタートが強化することを課題のひとつに挙げた。

2022年シーズンのこれまで、ミック・シューマッハは、F1を1年離れていたハースF1チームの経験豊富なチームメイトのケビン・マグヌッセンのペースに匹敵することに苦労している。

エミリア・ロマーニャGPでミック・シューマッハは、注目すべき複数のミスを犯し、ラルフおじさんの怒りを買った。

「スタートで起こったことについてはあまり言えない。ダニエル・リカルドにも起こったことだし、誰にでも起こり得る」とラルフ・シューマッハはSky Deutschlandに語った。

「しかし、2回目のミスは酷すぎた。起こすべきではないミスだったと言わなければならない」

しかし、ラルフ・シューマッハは、兄であるミハエル・シューマッハの息子はそこまで自分自身に厳しくするべきではないと語る。

「彼は、週末全体を見直し、経験を積み、よりうまくやらなければならない。たくさんの良いことをした後、悪い週末を過ごすこともある」とラルフ・シューマッハは語った。

「その後、再び変化する可能性がある。ベッテルはそれを成し遂げた。彼はオーストラリアで多くのミスを犯し、イモラで再び良かった。ミックはそれを例として取り入れることができる」

「ミックは新しいサーキットでもうまくやっている。だから、マイアミで彼に期待している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ミック・シューマッハ / ハース