「ミックがフェラーリ移籍を考えるのは3年早い」とアルファタウリF1代表
ミック・シューマッハがフェラーリF1移籍を考えるのはまだ3年早いとアルファタウリF1のチーム代表を務めるフランツ・トストは語る。

今年、フェラーリF1のリザーブドライバーの任務をアントニオ・ジョビナッツィと分担するミック・シューマッハの主な仕事は、もちろん、フェラーリのカスタマーチームであるハースF1チームで結果を出すことだ。

昨年のF1デビューシーズンでは、競争力にない車でチームメイトのニキータ・マゼピンと最下位を争うことしかできなかったミック・シューマッハだが、今年は改善されたVF-22でミッドフィールドバトルの真っただ中にいる。

2020年のF2チャンピオンで、フェラーリ・ドライバーアカデミーに所属するミック・シューマッハの短期的な目標はF1初ポイントを獲得することだが、最終的な目標は、20年前に父親であるミハエル・シューマッハが黄金時代を先導したフェラーリのF1シートを獲得するために十分に進歩することだ。

もちろん、今年、シャルル・ルクレールとカルロス・サインツが、まったく新しいフェラーリF1-75が強力なシーズンスタートを切っていることを考えれば、どちらかのドライバーからそのF1シートを奪うのは簡単なことではない。

アルファタウリF1のチーム代表を務めるフランツ・トストは、キャリア初期段階のミハエル・シューマッハと彼の弟のラルフ・シューマッハのメンターのような存在だった。

フランツ・トストは、ミック・シューマッハは、フェラーリF1移籍について考える前に、まずは辛抱強く、そして、ハースF1のチームメイトであるケビン・マグヌッセンよりも良い成績を残すことに集中するよう促した。

「彼はさらに3年間どこか別の場所でドライブしなければならない」とフランツ・トストはF1-Insider.comに語った。

「現在のF1は非常に複雑だ。ドライバーがトップレベルで運転するには、少なくとも3年間の学習が必要だ。ジョージ・ラッセルやシャルル・ルクレールもその時間を必要としていた」

「彼はまず、ハースでチームメイトのケビン・マグヌッセンを一貫して打ち負かし、ハースで成功を収めなければならない。それが今の彼の仕事であり、他には何もない」
一方、元F1ドライバーのマルク・スレールは、ミック・シューマッハの自然なスピードについて留保しているようであり、「分析的」アプローチが彼の成功の最高のチャンスである可能性があることを示唆した。

「ミックは、F3とF2での成功を通じて、彼がどれほど能力を発揮できるかを証明した。それぞれが2シーズン目に優勝した」とマルク・スレールは述べた。

「今日のF1では、それが最も重要なことの1つだ。ステアリングホイールの動きからブレーキングポイント、チームメイトのアクセルの位置まで、現在はテレメトリデータですべてを見ることができる。今、ミックはこのデータを注意深く研究している」

「成功するためにハイフライヤー(野心家)である必要はない。ニキ・ラウダとニコ・ロズベルグは良い例だ。二人とも、ラウダのケースではアラン・プロスト、ロズベルグのケースではルイス・ハミルトンのような基本的なスピードはなかった。それにもかかわらず、彼らはチームメイトを一度倒し、世界選手権に勝つことができた」

「天性の才能だけでは十分ではない。ジャン・アレジの例はそれを示している。彼はF1に来たとき、ハイフライヤーと見なされていた。しかし、結局、彼はキャリアの中で1つのレースにしか勝つことができなかった」

「ミックは彼の分析スキルを認識し、ラウダとロズベルグの道をたどる必要がある。そうすれば、彼は今後数年間でフェラーリに自分自身を推薦することができる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ミック・シューマッハ / フェラーリ / ハース