ミック・シューマッハ 「2年目に大きく進歩する傾向をF1でも実現したい」
ハースF1との初年度からの学びと経験とともに2022年に臨むミック・シューマッハは、カテゴリーでの2シーズン目に大きな進歩を遂げるという過去のトレンドを繰り返すことを望んでいる。

ミック・シューマッハは、F1デビューイヤーにポイントを獲得することはできず、教科書を汚すいくつかのクラッシュにも苦しんだ。

しかし、全体として、ミック・シューマッハはF1での初年度に満足しており、チームメイトであるニキータ・マゼピンを定期的に上回り、2021年に“ほとんどのチェックボックス”にチェックを入れることができたと主張する。

「もちろん、ボックスの1つはポイントを獲得することだったけどね」とミック・シューマッハはMotorsportweekに語った。

「僕たちはそれを達成できなかったけど、非常に成功したキャンペーンであり、僕たちは自分たちが持っていたものからすべてを引き出すことができた」

ミック・シューマッハは、2021年の彼の成長は、個人レベルでの進歩だけでなく、ハースF1との彼の仕事上の関係の着実な構築、そして、その逆のおかげであると語る。

「それは両方に帰着すると思う」とミック・シューマッハは語った。

「チームと僕は、さらにうまく仕事して、適切な応答を得るために僕がどのようなコメントをする必要があるかを理解し、セットアップに関しても適切な変更を加えた」

「その意味で、僕たちは本当に自分たちの道を考えだしている。それは多くの点で来年の僕たちの助けにもなる」

「今、バーレーンに戻ったら、もっと強く、もっと近くでスタートするだろうし、シーズン全体を通してもっと近く、そして、シーズンの終わりに向かって、もっとピックアップして、他の人の前で、または少なくとも彼らと一緒にいられるだろう」

ミック・シューマッハのジュニアランクでの過去の成功(F3とF2)は、1シーズン目に学び、2シーズン目に前年の経験の恩恵によって大きな前進を享受するというパターンだった。

偉大なミハエル・シューマッハの息子は、2022年にハースF1との2シーズン目でもパターンを維持したいと考えている。

「2022年のアプローチとして期待することは間違いなくもっとあるし、僕も自分自身に期待している」とミック・シューマッハは言った。

「これまでと同じように一歩を踏み出せることを期待しているけど、それについてはどうなるかわからない。スターチして、途中で見ていきたい」

「自分に何が期待されているかを知っているという意味で、準備は違うと思う」

「自分が何をする必要があるかを明確に理解しているので、明らかに、準備は適応し、変化すると思う。進めるにつれて理解するので、どのようにかを言うことはできない」

「明確で厳格な計画はないとけど、新しいコンセプトのマシンの最初の年に備えるために必要だと自分が感じていることのほうが多い」

今シーズンに新たな一歩を踏み出すために、ミック・シューマッハはハースF1のクルーと一緒に成長し、一緒に仕事を楽しむことの重要性を強調した。

「僕たちはさらに緊密になり、今ではみんながここでとてもうまく働いていることを知っている。僕たちは皆、とても良い時間を過ごしていると感じている。率直に言って、それがスポーツのすべてだ」とミック・シューマッハは説明した。

「仕事を楽しむことが重要だ。彼らはスポーツを愛し、それに情熱を持っているから誰もがここにいる」

「それは確かに僕が非常に多くの異なる面で進歩するのを助けただけでなく、人として成長させてくらたので、来年はそれがさらに大きな一歩になることを願っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ミック・シューマッハ / ハース