F1:セバスチャン・ベッテル、シートの問題に悩むミックに「母親に壊してもらえ」と助言
ハースF1のミック・シューマッハは、これまでシートポジションに問題を抱えている。そして、セバスチャン・ベッテルは彼を助けようとしている。

父親のミハエル・シューマッハに可愛がられていたセバスチャン・ベッテルは、ミック・シューマッハが今年F1グリッドに加わって以来、メンターのような存在であり、それはF1フランスGPでもその光景が垣間見れた。

レース後、カメラはミック・シューマッハのマシンの前で話し込む二人を捕らえており、セバスチャン・ベッテルはハースF1のコックピットを検査していた。

その件について質問されたミック・シューマッハは、シートに問題を抱えていることを説明し、セバスチャン・ベッテルが助けようとしてくれていると語った。

「基本的にシーズンの初めから曲がったシートに座っている。シートは中央にあるけど、真っすぐではないんだ」とミック・シューマッハはオーストリアの記者団に語った。

「実際、僕たちは以前にそれについて話していた。そして、彼にそれを見せるためにあの機会を利用した。シートについて話はしていた。彼は僕が早く新しいものを手に入れることができるように母にそれを壊してもらえとヒントをくれた! でも、結局はそれは起こっていないので、今のところ同じシートのままだ」

「左右対称じゃないことは取り組む必要があることだけど、短い時間で達成するのは難しい。でも、近い将来、シートを変更する計画がある」

だが、ミック・シューマッハは、その曲がったシートはドライビング面ではそこまで問題ではないと語る。

「おそらく一部の人が考えるほど悪くはない」とミック・シューマッハは付け加えた。

「小さなオフセットがあるけど、それはジュニアカテゴリーでも慣れている。公平を期すために言うと、それは運転するときに僕に害を及ぼすことはない」

「僕たちにとって二次的な関心事だ。僕たちにとっては、週末に向けてすべてを準備し、そのレベルで準備することが重要だ。今の僕にそこまで影響を与えていない何かに取り組むことで無駄にするのではなく、他のものに焦点を合わせた方がいい」

ミック・シューマッハにとってはそれほど大きな問題ではないかもしれないが、それを聞いたセバスチャン・ベッテルは、そのような小さなことが重要であると感じているので、見てみたいと思ったと語った。

「とてもシンプルなことだ。僕は何年もレースに費やしてきた。そして、僕たちは先週シートについて話をした」とセバスチャン・ベッテルは語った。

「改善したり、調べてみることができる小さなことは常にあるので、見てみたいと思ったんだ」



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ミック・シューマッハ / セバスチャン・ベッテル / ハース