“優等生”ミック・シューマッハはチーム報告会でブチ切れる必要がある - 元メルセデスF1責任者
元メルセデスF1の責任者であるノルベルト・ハウグは、ミック・シューマッハがF1アゼルバイジャGPのフィニッシュラインでのニキータ・マゼピンの行為に怒るのは当然だと考えている。チームの報告会で優等生なミックがテーブルを叩いて不快感を表明することを望んでいる。

F1アゼルバイジャンGPの赤旗中断後の最後の2周のスプリントレースで、ミック・シューマッハはチームメイトのニキータ・マゼピンを抜いてF1でのベストリザルトとなる13位でフィニッシュした。

しかし、その過程でミック・シューマッハはニキータ・マゼピンにウォール近くまで押し込まれた。防御したいマゼピンは右に寄って、シューマッハのスペースを潰そうとしてたように見えた。

ミック・シューマッハは無線で『 正直、本気で僕たちを殺したいんじゃないの?』と怒りをぶちまけている。

ミック・シューマッハの伯父であり、6回のF1レースウィナーであるラルフ・シューマッハは、ミック・シューマッハの行動は“生命を脅かす”ものであり、処罰を求めている。

レースディレクターのマイケル・マシは、最後の2周で大混乱の中でニキータ・マゼピンのインシデントが見過ごしていたことを認めたが、「後日それを再確認して、必要に応じて、チームや関係するドライバーとチャットする」としている。

一方、2010年から2012年にかけてメルセデスF1で父親のミハエル・マイケルと働いたノルベルト・ハウグは、ハースF1のチーム代表ギュンター・シュタイナーがレース後に「わだかまりは解いた」と語ったことを気にしている。

「ミックは非常にバランスの取れた男だ」とノルベルト・ハウグは Sky Germany に語り、ミック・シューマッハの普段の穏やかな性格について言及した

「彼が大声を出すとき、彼にはそうする理由があるときだ」

「そして、今回に関しては、彼は非常に、非常に、非常に大きな声で、報告会でテーブルを叩く必要がある」

ミック・シューマッハは、F1モナコGPのフリー走行でのクラッシュにより、予選を欠場しなければならなかった後、彼のマシンを修理したメカニックにビールの箱を差し入れる約束したと報告されている。

FP3の終わりに、ミック・シューマッハはVF-21を壁にぶつけてカジノスクエアを出て、2時間で修復するには損傷が大きすぎたため、グリッド最後尾からスタートして18位でレースを終えた。

しかし、その約束は6月末/7月初旬のレッドブル・リンクでのダブルヘッダーまで果たされることはさそうだ。

「モナコでのレースの後、スタッフたちはすでに出発していた。オーストリアでそれを補うつもりだ」とミック・シューマッハは Auto Motor und Sport に語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ミック・シューマッハ / ハース