ミック・シューマッハ、ニキータ・マゼピンに激怒 「殺す気か?」 / F1アゼルバイジャンGP 決勝
ハースF1のミック・シューマッハは、日曜日のF1アゼルバイジャンGPの終了間際にチームメイトのニキータ・マゼピンが自分を「殺そうとしていた」と怒りを露わにした。

7回のF1ワールドチャンピオンであるミハエル・シューマッハの息子であるミック・シューマッハは、バクーのスタートフィニッシュストレートで時速200マイル近くのスピードでニキータ・マゼピンのスリップストリームに入った.。

しかし、13位を守ろうとしたニキータ・マゼピンは、ミック・シューマッハに抜かれないように突然コンクリートウォールのある右に動き出した。

ミック・シューマッハは、なんとか回避行動をとって壊滅的な事故を避けた。

ニキータ・マゼピンを抜いたミック・シューマッハは右手で激しくジェスチャーし、0.074秒差でラインを越えた後、ラジオに怒りをぶちまけた。

「あれは何だったの? 正直、本気で僕たちを殺したいんじゃない?」

この件について質問されたハースF1のチーム代表のギュンター・シュタイナーは「ストレートでの状況がすべて解決され、わだかまりを取り除かれている」と語った。

「誤解があったが、すべて解決し、我々はそこから先に進んでいる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ミック・シューマッハ / ハース / F1アゼルバイジャンGP / ニキータ・マゼピン