ミック・シューマッハ 「2021年にハースF1がQ2に進出できない理由はない」
ミック・シューマッハは、2021年のハースF1チームの予選での見通しについて楽観的に感じており、シーズン中にQ2を争うことができない理由はないと信じている。

ハースF1チームの2人のルーキーであるミック・シューマッハとニキーター・マゼピンは、2週間前のF1バーレーンGPの予選でそれぞれ19番手と20番手で終えた。ハースF1チームは2022年に導入される新しいレギュレーションに焦点を当てており、今季マシン『VF-21』は昨年マシンからほとんど開発が加えられていない。

ミック・シューマッハは、Q2進出へのカットラインから0.8秒遅れとエリ、18番手のセバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)よりも0.4秒近く遅かった。

しかし、ミック・シューマッハは、ハースF1の予選でのパフォーマンスは、チームが開幕戦にむけて予想していたものとほぼ位置していたと語る。

F1バーレーンGPの予選でのQ2進出勢とのギャップについて質問されたミック・シューマッハは「決してがっかりしたとは言えない」と語った。

「僕たちはそれをかなりうまく管理したと思う。クリーンラップが1回あった。それが僕たちが望んでいたことだ。ペースに関しては、想像していたものに何とか近づくことができた」

「もちろん、僕たちは少し遅れをとっていた。でも、自分のラップ膝には95%満足している。当然、自分が改善できることはまだたくさんあるし、当面はそれらに取り組んでいく」

「僕にとってはその経験を積むことが重要であり、そこから、それをあるセッションから別のセッションへの一貫した改善パターンに変えることができることを願っている」

他の9つのF1チームは、F1バーレーンGPの予選で少なくとも1台をQ2を進出させることができており、そのうちの7チームはQ3にも駒を進めた。

それでも、ミック・シューマッハは、ハースF1がシーズンを通してQ2進出をかけて他のチームに挑戦し、戦うことができることを期待している。

「そういう意味では前向きだ」とミック・シューマッハは語った。

「僕たちは自分たちのことに取り組んでいく。僕は自分自身にたくさん取り組んでいく。チームにはモチベーションがあるし、シーズンを通して、できればどこか時点でQ2に進出することができるという楽観的な見方をしてはいけない理由はない」

ミック・シューマッハの楽観的な見方には、ニキータ・マゼピンも同意する。マゼピンは“非常に悪い”予選ラップだと嘆き、Q1の最後の瞬間にターン1でスピンした後、チームメイトからさらに0.8秒遅れてフィニッシュしている。

ミック・シューマッハのQ2進出への信念について質問されたニキータ・マゼピンは「彼の言ったことは正しいと思う」と語る。

「それに僕のラップに関しては明らかに非常に酷いものでした。ブレーキに問題があり、ラップ自体に1回しか試みることができなかった。それはイライラさせることだ」

「でも、全体像を見ることが非常に重要だと思う。僕たちは最初の予選と今年がかなり厳しいものになるだろうと分かっていた」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ミック・シューマッハ / ハース