同じ2世ドライバーのニコ・ロズベルグ 「ミック・シューマッハのF1デビューは僕の10倍難しい」
元F1ワールドチャンピオンのニコ・ロズベルグは、自分と同じミック・シューマッハのF1デビューは、自身の2006年のデビューよりも“10倍難しい”と考えている。

「“〇〇の息子”というのは簡単なことではない」と1982年のF1ワールドチャンピオンであるケケ・ロズベルグを父に持つニコ・ロズベルグは Sport1 に語った。

「それにミハエルがF1にいたのはそれほど昔ではないし、彼ははるかに成功していたので、ミックにとっては10倍難しいだろう」

実際、ニコ・ロズベルグは、ハースでF1デビューを果たすミック・シューマッハに対するメディアの注目は、今年の他のどのF1ドライバーよりも激しくなると想像している。

最近、ドイツのゴシップ誌は、ミック・シューマッハのガールフレンドは、元レーシングドライバーの娘であるジャンティン・ホイスマンだと報じた。ミック・シューマッハのマネージャーであるサビーネ・ケームはコメントを控えている。

「当初、それはルイス・ハミルトンへの注目よりもさらに大きくなるだろう」とニコ・ロズベルグは語った。

「ミックがそれを脇に置いて自分の仕事に集中できることを願っている。さもなければ、それは彼から多くの楽しみを奪うことになるだろう」

ニコ・ロズベルグは、メディアがミック・シューマッハを自発的に和らげないのであれば「彼は自分でそれをしなければならないだろう」と述べた。

「彼には時間と忍耐が必要だ。僕は最初のレースに勝つのに7年、タイトルは11年待たなければならなかった。今年ミックを評価したいのであれな、誰もがそれを考慮しなければならない」

ミック・シューマッハとジャンティン・ホイスマン

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ミック・シューマッハ / ニコ・ロズベルグ / ハース