ジェンソン・バトン 「ミック・シューマッハはF1で輝くことができる」
元F1ワールドチャンピオンのジェンソン・バトンは、F2チャンピオンのミック・シューマッハが、今季ハースでF1デビューを果たしたときに輝くことができると支持する。

7回のF1ワールドチャンピオンであるミハエル・シューマッハの息子ミック・シューマッハは、2020年にFIA-F2での2シーズン目でチャンピオンを獲得。2021年はハースF1チームでF1デビューを果たす。

F1キャリアの多くでミハエル・シューマッハと戦ってきたジェンソン・バトンは、シューマッハ・ジュニアがF1へのステップアップをどのように管理するかを見るのを「楽しみにしている」と語る。

「彼がF1に参加するのは素晴らしいことだし、彼は本当にナイスなキッズだと思う」とジェンソン・バトンは語った。

「彼はハードワーカーでもありそうだし、どのような走りを見せるか楽しみにしている」

「彼にはたくさんのネガティブな報道を受けている興味深いチームメイトがいるけど、ミックはその男とは正反対だし、彼は輝くと思う」

ミック・シューマッハは、印象的にキャリアをステップアップしてきたが、カート時代には注目を避けるために別の名前でレースをしていた。

2018年にヨーロッパF3選手権でチャンピオンを獲得し、2019年にプレマでF2に順応した後、昨年、ライバルのカラム・アイロットに14ポイント差をつけてタイトルを獲得し、その過程でハースのF1シートを獲得した。

「彼が実際にハースのドライブを手に入れたことを知ったとき、彼にとってかなり感情的だったに違いない」とジェンソン・バトンは付け加えた。

「レースをするときは、ただヘルメットのバイザーを閉じて。自分、マシン、そして、道路だけだ。でも、彼のお父さんについては非常に感情的な考えだったに違いない」

「彼はその瞬間について彼と話をしたかったと思うけど、残念ながら現時点ではそれは不可能だと思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ミック・シューマッハ / ジェンソン・バトン / ハース