F1 ミック・シューマッハ
ミック・シューマッハが、F1ドイツGPの金曜フリー走行でグランプリ週末デビューを果たすことになるかもしれないと噂されている。

7度のF1ワールドチャンピオンであるミハエル・シューマッハの息子ミック・シューマッハは、先週のF1バーレーンテストでフェラーリとアルファロメオ・レーシングのF1マシンを駆り、公式テストデビューを果たした。

ミック・シューマッハは、今年からフェラーリ・ドライバー・アカデミーに加入しているが、Kolner Express はF1ドイツGPの金曜フリー走行でミック・シューマッハがアルファロメオ・レーシングでグランプリ週末デビューを果たすと報道。おそらく、同じフェラーリの契約ドライバーであるアントニオ・ジョビナッツィのマシンを走らせることになるだろう。

ホッケンハイムのマーティング広報を務めるジョーン・テスケは「ミックのF1への道は事前に決まっているように思う。ここホッケンハイムのグランプリ週末にテストをすることはドイツのファンにとってハイライトとなるだろう」とコメント。

だが、金曜フリー走行出走についてはまだ確認されていない。

ミック・シューマッハは「次に何が起こるかはわからない」とコメント。

「F2で再びレースをするのを楽しみにしている。バクーは特別なトラックだし、あの場所に行くのは初めてだ」

ミック・シューマッハのマネージャーを務めるザビーネ・ケームは、ミック・シューマッハのグランプリ週末デビューについてコメントを避けている。

しかし、ドイツモータースポーツ連盟会長のハンス・ヨアヒム・スタックは、ミック・シューマッハが明らかにF1グリッドへの道を歩んでいると称賛する。

「最も有名が名前を持ち、父が重傷を負っているなかで、彼がフェラーリとあのような完璧なパフォーマンスを披露したのは素晴らしいことだ」とハンス・ヨアヒム・スタックは語る。

「ミックはザビーネ・ケームにとってうまく管理され、守られている。ミックをF1で目にするのは間違いないだろう。それは来年になるかもしれない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ミック・シューマッハ