F1 ミック・シューマッハ
ミック・シューマッハは、F1のチャンスを待つことに満足していると長年ミハエル・シューマッハ家と親交のあるニコラス・トッドは語る。

7回のF1ワールドチャンピオンであるミハエル・シューマッハの息子ミック・シューマッハは、昨年ヨーロッパF3選手権でチャンピオンを獲得し、その注目度をさらに大きなものにした。

19歳のミハエル・シューマッハは、2019年のトロロッソ・ホンダのF1ドライバー候補に挙げられたが、今年はプレマからF2に参戦してさらに経験を積むことを選んでいる。

FIA会長ジャン・トッドの息子であるニコラス・トッドは、このような状況では忍耐強いアプローチがミック・シューマッハのためになると考えている。

「ミックは、今でなければ二度とはないとは言っていない。彼はまだ学ばなければならないことがたくさんあることをわかっている。彼は若い」とニコラス・トッドは Speed Week にコメント。

「できるだけ早くにグランプリレーサーになることが目標ではない。ホールはF1に到達し、そこに留まることでなければならない。私はグランプリレーシングのために準備を整えることが重要だと考えている。ジュニアクラスで定期的に勝てること、さらに圧倒的な強さで勝てることを証明しなければならない。それからが次のステップに進むときだ」

「ほとんどのドライバーがすべてを急いでしまい、後からそれが間違いであることに気づいている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ミック・シューマッハ