F1 ミック・シューマッハ フェラーリ
ミック・シューマッハは、メルセデスからのアプローチを断り、フェラーリの育成プログラムに加入する契約を結ぶことを選んだとイタリアのメディアが報じている。

父親のミハエル・シューマッハは、フェラーリとの10年の歴史のなかで7回のワールドチャンピオンのうちの5回を獲得しており、F1で最も偉大なドライバーといった。

一旦、F1から引退したミハエル・シューマッハはその後メルセデスでF1に復帰。そこでは勝利を挙げることができなかったが、2度目のF1引退後も母国ドイツの自動車メーカーのアンバサダーを務めていた。

ミック・シューマッハは、これまでどのF1チームにも所属せず、自身で資金を集めて独自にキャリアを進めてきた。

ヨーロッパF3選手権で2年目を迎えた今年は、シーズン後半に驚異的な追い上げを見せ、レッドブルのジュニアドライバーであるダニエル・リカルドを破ってチャンピオンを獲得。2019年のトロロッソ・ホンダのF1ドライバー候補としても報じられていた。

ミック・シューマッハは、F1到着を目指してさらにキャリアを進めていくことは明らかであり、2019年はプレマからF2にステップアップを果たす。

プレマは、歴史的にフェラーリとメルセデスの両方と近い関係にある。シャルル・ルクレール、エステバン・オコン、アントニオ・ジョビナッツィといったドライバーが、F1への道のりの途中にプレマを通過している。

そして、ここ数カ月でフェラーリとメルセデスの両方がミック・シューマッハの将来について語っている。

先週のFIA表彰式の場ではメルセデスのF1チーム代表トト・ヴォルフは、ミック・シューマッハについて「今年、彼はメルセデスのエンジンでF3チャンピオンを獲得した。それは素晴らしいことだ。だが、彼はメルセデス・ベンツのジュニアプログラムの一員ではない」とコメント。

「最も重要なことは彼に時間を与えることだ。彼にはF1で最も偉大な成功を収めたドライバーである父の遺産を受け継いでいる。F3に勝ち、チャックボックスにチェックを入れ、彼はこれからF2に進む。多くの経験豊富なドライバーと戦うことは非常に難しいはずだ」

「彼にはF1でドライバーとして成功する可能性があることは間違いない。いつか我々と一緒に戦うかもしれない」

また、フェラーリのF1チーム代表マウリツィオ・アリバベーネは今年9月に「フェラーリ史に歴史的なページを書き加えた名前であり、もちろん、マラネロのドアは常にオープンであると考えている」とコメント。

「楽しませてあげようではないか。私は常に若手ドライバーに焦点を置いていると繰り返しているが、同時に楽しく、ゆっくりと、だが、確実に成長させたいと思っている。将来を見据えるのはその後だ。マラネロでどうしてこのような名前にノーと言える?」

報道によると、ミック・シューマッハはまだ契約を結んでいないものの、フェラーリのプログラムの方が自分に合っていると決断したとされている。

メルセデスは、育成ドライバーのジョージ・ラッセルがウィリアムズのシートを獲得したが、エステバン・オコンは2019年のシートを獲得できなかった。一方、フェラーリの育成ドライバーは、シャルル・ルクレールが1年間ザウバーで経験を積んだ後にフェラーリに昇格。もうひとりの育成ドライバーであるアントニオ・ジョビナッツィはザウバーのシートを獲得している。

ミック・シューマッハは、シャルル・ルクレールの育成モデルが適用されると考えられている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ミック・シューマッハ