ミシュラン
ミシュランは、F1復帰を除外していない。

ミシュランは2006年末でF1から撤退したが、それはFIAのとげとげしさや単独サプライヤーへの移行が関係していた。

その後、F1のタイヤはブリヂストン、そして今はピレリ製が単独で供給しているが、特定の状況下でミシュランが復帰するかもしれないとの噂は常にあった。

「F1のルールがタイヤを尊重するようになればね」とミシュランのモータースポーツ部門責任者のパスカル・ケノンは toilef1.com にコメント。

「タイヤは、ショーの目的ではなく、テクノロジーの目的であるべきだ」

ミシュランが、もう一つの条件に挙げるのは、市販車用タイヤと関連性のある扁平タイヤの採用。これについては近い将来、可能性がありそうだ。

だが、パスカル・ケノンは、ミシュランがF1の“ショー”に貢献することにも反対ではないと述べた。

「我々は、素晴らしいショーにするためのアイデアをいくつか持っている。ただ、テクノロジーはショーを妨げるものではないと言っているだけだ」

「我々の立場は非常に明白だった。共通性があり、何かを学べるタイヤディメンションで、F1に費やす費用がみなさんや私の乗る自動車のテクノロジーに役立つものであってほしい」

「また、数周ごとにタイヤを交換しなくても良いようなレギュレーションを希望している。だが、彼らがピットストップを望むのならそれでもいい」

「それならば、タイヤを再利用して、レースをスタートしたものでフィニッシュしてはどうだだろう? 我々は、安定して速く、寿命の長いタイヤを作れる。それならば、非常に複雑だし、我々も賛成できる」

しかし、これまでミシュランが最も重視する条件として挙げてきたのは、少なくともあと1つサプライヤーを増やして“タイヤ戦争”を作り出すことだ。

「彼らが複数のマニュファクチャラーに扉を開くなら、素晴らしいね! 我々は単独でも構わない。しかし、それには理にかなったレギュレーションが必要だ。そうでなければ、我々はミシュランでなくなってしまう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ミシュラン