F1 メキシコGP
F1メキシコGPの将来の開催に暗雲が立ち込めている。

2014年の復活以来、メキシコシティのエルマノス・ロドリゲス・サーキットで開催されるF1メキシコGPは高い人気を博しており、今年もFIAからベストグランプリ賞を受賞している。

しかし、2018年の大統領選ではアンドレス・マヌエル・ロペス・オブラドールが大統領に就任。上院議員のアナ・ガフリエラ・ゲバラは、今後のF1メキシコGPの継続を疑わしいと語る。

「私たちはこの状況をどのように解決するかを考え出さなければなりません。ですが、このイベントを維持するために税金をかけることはできません」とアナ・ガフリエラ・ゲバラは Auto Hebdo にコメント。

「メキシコにはもっと重要なことがあります。人口の大部分は貧困ライン以下で生活しています。汚職と賄賂によてグランプリがメキシコシティに戻ることができたのです」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1メキシコGP