メルセデスGP MGP W02
メルセデスGPの2011年F1マシン「MGP W02」。昨年マシンと比較して幅の広いハイノーズが特徴的。エアボックスは従来型に戻された。カラーリングは、タイトルスポンサーであるペロトナスの“ペトロナスグリーン”がよりフューチャーされており、シルバーもより艶やかな質感の塗装となっている。

メルセデスGP MGP W02 主要諸元表

シャシー構造カーボンファイバー及びハニカム・コンポジット構造による成型
サスペンションウィッシュボーン型、プッシュロッドトーションバー&ダンパー
ダンバーペンスキー製
ホイールBBS製鍛造マグネシウム
タイヤピレリ
ブレーキブレンボ製キャリパー、ディスク及びパッド(カーボン素材)
ステアリングラック&ピニオン(パワーアシスト付)、カーボンファイバーステアリングホイール
エレクトロニクスFIA標準ECU、FIA承認電子制御システム
トランスミッション成型アルミニウムメインケース、電子油圧制御7速セミオートマチック
クラッチカーボンプレート

ディメンション

全長4,800mm
全高950mm
全幅1800mm

エンジン諸元

エンジン名称メルセデス・ベンツ FO108Y
排気量2,400cc
気筒数8
最高回転数18,000rpm(FIA 規定に則る)
Vアングル90°
ピストン口径98mm (FIA規定)
バルブ数32
重量95kg (FIA規定最低重量)


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: メルセデス | F1マシン