メルセデスGP F1カナダGP 予選
メルセデスGPは、F1カナダGP予選でニコ・ロズベルグが10番手、ミハエル・シューマッハが13番手だった。

ニコ・ロズベルグ (10番手)
「僕たちにとって素晴らしいセッションではなかった。今週末、僕たちは良いクルマを持っていると思うけど、残念ながら、午後はタイヤをきちんと働かせることができなかった。今日の僕たちにはそれが大きな問題だった。ハード側のタイヤはQ1では悪くなかったけど、そのあとオプションに悩まされたし、まったくラップタイムを刻めなかった。10番手からのスタートには落ち込んでいるけど、レースでは何が起こるかわからないので、前を向いて明日は可能な限りのアドバンテージを得るだけだ」

ミハエル・シューマッハ (13番手)
「今日の予選にはもちろん失望している。単純にバランスとグリップがなかったし、全体的にブレーキングとハンドリングに多くの問題を抱えていた。クルマは期待してように機能してくれなかった。昨日の午後に同じような問題が起きていたし、2回目のプラクティスのあとにいくつか変更を施した。今朝、僕たちのポジションはそれなりなものだったのでその変更に意味があったと思ったけど、午後は再び同じような問題に直面した。現時点でその理由を理解するのは難しいけど、これからしっかし調べて、明日のレースのために良い戦略を見つけるつもりだ」

関連:
F1カナダGP 予選:ルイス・ハミルトンがポールポジション


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / F1カナダGP