メルセデスF1代表、2023年マシンW14では「パフォーマンスの大きな塊を発見」
メルセデスF1チームは、グリッドの最前線に戻ることを目指しており、2023年のF1マシンのデザインでパフォーマンスの「大きな塊」を解き放ったと考えている。

メルセデスF1チームは、W13がポーパシング/バウンシングに悩まされ、レッドブルやフェラーリに匹敵する十分なパフォーマンスを発揮できないトリッキーなシーズンに耐えてきた。

メルセデスF1チームが迅速に回復する可能性は、予算上限によってさらに妨げられている。つまり、現在のW13をシーズン中に変更する余裕がなかったことを意味する。

しかし、2023年に向けて予算が再設定され、メルセデスF1チームはW13のどこが欠けているかをよりよく把握しているため、来季マシンW14で達成できる進歩のレベルについて楽観的だ。

メルセデスF1チームは2023年のF1マシンをどのように理解しているかについて質問されたチーム代表のトト・ヴォルフは「この業界で船を回すことは、オイルタンカーに少し似ている」とコメント。

「まず、パフォーマンスが発揮されない根本的な原因を理解する必要がある。次に、さまざまな皮をはがす必要がある。最初の層は何か? 2 番目の層は何か? 我々は本当にすべての問題を解決できているのでしょうか?」

「そして、答えはノーだ。そうではない。しかし、我々が見逃しているパフォーマンスの大部分を発見したと思う」

「今年変更できるものではない。来年に向けて下した決定だ」

「しかし、来年ここで我々がワールドチャンピオンを争うと100%自信を持って言えるわけではない。目標はそう期待されているが、やるべきことはまだある」

ルイス・ハミルトンは、F1シンガポールGPでポールポジションから0.054秒の3番手タイムをマーク。メルセデスF1チームはシンガポールでシーズン2回目のポールポジションに近づいた。

しかし、最前線で戦っているにも関わらず、トト・ヴォルフはパフォーマンスをチームの進歩の証として軽視し、代わりに結果は単にルイス・ハミルトンの素晴らしさを運転した結果であると示唆した。

「ここは彼の居場所だったし、クルマを運転するのは簡単ではなかったと思う」とトト・ヴォルフは語った。

「一年中難しかった。私は常にポールポジションを目指して戦っていると考えている。それは良いことだ。過去数年間に慣れているからです。 だが、実際のところ、彼が車を運転したことによると思う」

「ナイフエッジだった。彼がラップをまとめれば、ポールポジションを獲得できると思う。だが、パフォーマンスには非常に満足できると思う」

「我々のシミュレーションが言ったように、バンプを除けば、それは我々にもっと適しているはずのトラックの1つだ。そして、それはまさにドライバーのコメントだった。乗り心地は本当に悪く、車は硬すたとね」

「しかし、エアロは帯域幅で機能しているようだ。したがって、他の多くのサーキットよりも良く見える」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス