メルセデスF1代表 「レッドブルの予算上限超過はパドックで公然の秘密」
メルセデスF1のチーム代表であるトト・ヴォルフは、レッドブルが予算上限を超過していることはパドックでは「公然の秘密」であり、チームが違反していることが判明した場合は「重い」問題になるだろうと語る。

金曜日、レッドブルとアストンマーティンが金融規制違反で調査されており、レッドブル・レーシングは予算上限を大幅に超過しているとの報道がなされた。

昨年、F1は主要チームとバックマーカー間の支出の差を削減するために予算上限を導入した。

レッドブル・レーシングは制限を超えたことを否定し、チーム代表のクリスチャン・ホーナーは金曜日に、アカウントが割り当てを下回ったことを喜んでいると述べた.

「彼らが調査されているのは何週間も何ヶ月も続いているので、クリスチャンがそう言うのはおかしい」とトト・ヴォルフはSky F1に語った。

「おそらく、彼は最高財務責任者と話していないのかもしれない」

「我々全員が入念に調査されており、我々が理解している限り、より手続き的なマイナー違反のチームと、根本的に大規模な違反が発生している別のチームが存在する。それを調査されているのはパドックの公然の秘密だ」

FIA のレギュレーションでは、コストキャップに対する処罰は、罰金からチャンピオンシップからの追放までさまざまであると規定されている。

トト・ヴォルフは、2021年の違反は問題のチームに利益をもたらすと警告したが、FIAが正当な理由でペナルティを課すことを支持している。

「FIAが設定した非常に堅実なガバナンスが整っていると思う」とトト・ヴォルフは語った。

「準拠証明書が発行され、準拠していない場合は、独立した裁判官がいるコスト上限裁定パネルに送られ、これらの罰則から適切なものを選択できる」

「しかし、重要な部分は、2021年にオーバーしている場合、2022年にオーバーしているということだ。つまり、2023年に有利になるということだ」

「もし、彼らが今年軽量シャシーを承認したことが本当なら、彼らは来年それを使用するかもしれない。これは、すべてのチャンピオンシップに影響を与える可能性のある一連のイベントだ」

メルセデスのような一部のチームは、キャップの導入後、1年間の予算を大幅に削減することを余儀なくされた。

トト・ヴォルフは、メルセデスがその費用が規制に準拠していることを確認するために劇的な措置を講じたと述べた。

「それはかなりヘビー級だ」とトト・ヴォルフは語った。

「我々は中古部品を使用しており、実行したいものを実行していない。開発できるものを開発していない」

「我々の組織で非常に惜しまれる 40 人以上の人員を解雇した。キャップを守るのは巨大なプロジェクトだった」

「上限を下回るための再構築と再処理に数千万がかかったか私は知らない。誰かがそれを行っていなかったり、限界を押し上げていなかったりした場合、100万単位の大きな不利益を被ることになる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / レッドブル