メルセデスF1首脳 「新世代F1マシンはより予測しやすいレースを生み出した」
メルセデスF1チームのトラックサイドエンジニアリングディレクターであるアンドリュー・ショブリンは、2022年の新世代F1マシンがより予測可能なレースを生み出したと語る。

今年のF1マシンは、より緊密なオントラックレースとより良い競争を可能にすることを目的とした一連の新しいテクニカルレギュレーションの下で構築された。

しかし、レッドブル・レーシングがドライバーズチャンピオンシップとコンストラクターズチャンピオンシップの両方を獲得することは濃厚であり、両方の順位でかなりのリードを保っている。

レッドブル・レーシングは、今年これまでに16回のグランプリのうち12勝を挙げ、フェラーリは残りの 4回で優勝している。

2014年から始まったターボハイブリッド時代を席巻したメルセデスF1チームは、2022年になってまだ表彰台の頂点にたどり着いていない。

アンドリューー・ショブリンは、コーナーでライバル車を追うのが以前よりも簡単であることを認識しているが、新しいルールはこれまでのところ、より緊密な競争を生み出すことに失敗していると述べ語る。

「追従するのは少し簡単になった」とアンドリュー・ショブリンは語った。

「ブダペストのように、歴史的にオーバーテイクがほとんどなかったサーキットがいくつかある。そして、そこでのレースはもう少し興味深いものになった」

「また、新しいルールを導入され、このセットのように完全に新しいルールになると、競争上の順序がリセットされるという効果もある」

「今は接戦になったわけではない。レッドブルが明確なフロントランナーとして台頭したように見える」

「そのため、レースは、おそらく昨年末の頃よりも少し予測しやすくなっている」

「しかし、それは正しい方向への小さな一歩であり、そこにたどり着くには非常に大きな変化だ。そして、おそらく我々が望んでいた大きなものは、まだ目にしてはいないと思うが、フィールドが拮抗することだ」

「ご存じのように、チームの前から後ろへの配置は、依然として大まかに似ている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス