メルセデスF1代表 「パワーユニット交換ペナルティは必要悪」
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、チームによって操作されないより良い代替ソリューションがないため、パワーユニット交換によるグリッドペナルティはF1で“必要悪”であると考えている。

F1でのパワーユニット/エンジン交換によるグリッド交換の問題は、ベルギーグランプリとイタリアグランプリでスターティンググリッドに大きなカオスを生んだ。

特に先週末のモンツァでのレースでは、9人のドライバーが、パワーユニットコンポーネントの交換、追加のギアボックス、その他さまざまな理由でペナルティを科された。

しかし、土曜日の予選後、FI(国際自動車連盟)Aが各ドライバーのペナルティをどのように実施してグリッドを構成するかを完全に確信するために、ファンとチームが4時間近く暗闇の中に放置され、この問題はかなりの論争を引き起こした.

また、この状況はF1がエンジン交換の単純なグリッド ドロップよりも優れたシステムを必要とするかどうかについて、完全な再考を求める新たな要求を引き起こした。

しかし、ベルギーでルイス・ハミルトンが新しいエンジンにダメージを負ったために新しいパワーユニットを投入し、19番グリッドからスタートしなければならなかったメルセデスF1のチーム代表であるトト・ヴォルフは、状況に対処するより良い方法はないと考えている。

「なぜそれがあるのかを思い出す必要がある」とトト・ヴォルフはエンジンペナルティシステムについて語った。

「シャシー側では、コストが制限されているが、以前はそうではなかった。エンジン側では、まだコストの上限は設定されていない」

「グリッドペナルティがなければ、予選エンジンがあっただろう。5基ではなく20基だっただろう!ビッグチームと OEM は、アドバンテージを得るために必要なだけの費用を費やすことができる」

「だからこそ、それを制限し、回避する特定の要因が必要だ。ということで、そこから今の状況となった。しかし、それは複雑になりすぎたのではないか? 確かにそうかもしれない」

現在のグリッドを維持する方法として、コンストラクターのチャンピオンシップポイントをエンジン交換に合わせて単純にドッキングすることが提案されているが、トト・ヴォルフはそれが機能することに懐疑的だ。

トト・ヴォルフは、チームがポイントを失い始めた場合、ドライバーがタイトルを獲得するのを助けるために、コンストラクターのチャンピオンシップを完全に犠牲にして、すべてのレースでより強力なエンジンを投入する道が開かれることになると考えている。

「マイナス面の1つは、ドライバーズチャンピオンシップが重要だということだ。マシンにエンジンを投入し、多くのコンストラクター控除を受けているが、ドライバーはレースごとに新しいパワーユニットを持っているため、ドライバーとチャンピオンシップを獲得することができてしまうことだ」

しかし、トト・ヴォルフは、F1チームが今年強いられている過度のエンジン交換は、ドライバーごとに3基の主要コンポーネントの現在の制限が少なすぎるかどうかについて議論するのに十分であることを認める。

「エンジンキャップが発効する時期を再考する必要があると思うし、その後、すべての過度のグリッドペナルティがなくなる。それでも、エンジンの軍拡競争はしたくはない」

「我々に与えてくれる自由が何であれ、我々はそれを行い、さらに戦略的に行うだろう。なぜなら、それは5グリッドか10グリッドそこらだからだ」

「前のレースよりもコンマ3秒速くなるので、毎レースエンジンを吹き飛ばすだろう。だから、一定の抑止力が必要だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス