メルセデスF1首脳 「フェルスタッペンはどの戦略や位置でも勝っていた」 / ベルギーグランプリ 決勝
メルセデスF1のトラックサイドエンジニアリングディレクターを務めるアンドリュー・ショブリンが、2022年F1ベルギーグランプリの決勝を振り返った。

予選では、マックス・フェルスタッペンから1.8秒遅れという屈辱を味わったメルセデスF1。決勝では気温が上がったことも相まって優れたレースペースを見せてジョージ・ラッセルが4位でフィニッシュした。

それでも、マックス・フェルスタッペンとレッドブルの速さは「ショック」だったとアンドリュー・ショブリンは語る。

「マックスとレッドブルによくやった。彼は今日別のリーグにいたし、どんな戦略でも、どこからでも勝っていただろう」

「今週末、彼がどれだけ先を行っていたかは少しショックだ。我々には考えていたよりも明らかにやるべきことがもっとある。彼はすべてのトラックでこれほど速くはないことを祈っている!」

「ジョージはレースを通して良いスティントを運転し、カルロスよりもペースが良かった。彼は最終スティントでタイヤを少し使いすぎてパスできなかった」

「ルイスは、力強いスタートを切ったが、かなり早くレースを離れてしまって不運だった。彼はフェルナンドがターン5に入る位置取りを見えず、自分自身を早期リタイアさせた。車はまだ戻ってきていないが、大きな損傷がないことを願っている」

「週末は全体的にタフだった。我々はここでアップデートを進めたいと思っていた。レースペースではフェラーリが我々に近づいているように見えるが、レッドブルは明らかにそうではない。ここではクルマのさまざまな妥協点に苦労しましたが、夏休み前のレースよりもはるかに多くのことが我々の戦いを困難にしている。 多くの点で、いくつかの有用な学習が得られたが、車はまださまざまなトラックで十分に機能していない。作動ウィンドウを広げる必要があることは明らかだ」

「また、集中しなければならないもう1つの領域であるワンラップでも劣っていた。今日は路面温度が少し高くなったので、ウォームアップははるかに良くなったが、さまざまなコンディションやサーキットで繰り返される問題だ。改善しなければならない。再編成してザントフォールトに向けて計画するのに数日ある。非常に高速なコーナーで同様の課題がいくつかあるので、今週末のデータを分析して少し進歩できることを願っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / F1ベルギーGP