メルセデスF1代表 「ポーパシング対策が施行されるベルギーGPは興味深い」
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、夏休み直後のF1ベルギーGPでデビューするポーパシング対策のガイドラインの影響を観察するのは「非常に興味深い」と語る。

メルセデスF1は、新世代F1マシンのポーパシング/バウンシングに悩まされ、ルール変更のために最も熱心にロビー活動を行ったとして非難されてきた。

2023年にはさらに論争の的となるレギュレーション変更が予定されており、FIA会長のモハメド・ビン・スライエムは今週、その措置が可決されることを確認している。

「20人のF1ドライバー全員と10人のチームプリンシパルとポーポイズの問題について話し合った結果、今週、これに対処するためにアップデートされた2023年のテクニカルレギュレーションを世界モータースポーツ評議会に提出することを確認できてうれしい」

モハメド・ビン・スライエムは、2023年の変更は「シーズンの残りのためにすでに実際された」対策の上にあると述べ、フェラーリのF1チーム代表を務めるマッティア・ビノットは「それらを止める方法を見つけ出す」と誓っている。

2022年の変更は非常に物議を醸しており、F1カナダGPの直前に公開され、F1イギリスGPまで延期された後、F1フランスGPでさらに延期された.

ポーパシングを防止し、F1ドライバーの健康と安全を守るために車高を高くすることを義務付ける新しい技術指令は、次戦F1ベルギーGPでのレースでデビューする予定となっている。

しかし、トト・ヴォルフはメルセデスF1が「夏休み前に」グラウンドエフェクト効果の空力現象を「取り除いた」ことをSport 1に認めている.

「スペイン以降、我々はクルマをより理解し始めたが、開発に関しては対戦相手に数か月遅れている」とトト・ヴォルフは語った。

しかし、彼が非常に注意深く見守っているのは、ポーパシングのガイドラインが2022年のF1の最有力候補に与える影響だ。

「非常に興味深いものになるだろう」とフェラーリとレッドブルのそれぞれの車のフロアが柔軟すぎるかどうか疑問に思っているトト・ヴォルフは語った.

「車高の違いが、それほど低く走らせているチームに違いをもたらすかどうか見てみよう」

「我々が突然他の誰よりも0.3秒速くなるような特効薬は信じてないが、興味深いものになるだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / F1ベルギーGP