メルセデスF1代表 「勝利のチャンスがあることは否定できない」 / F1ハンガリーGP
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、2022年F1第13戦ハンガリーグランプリでの今季初勝利の可能性を否定しない。

F1ハンガリーGPの予選では、ジョージ・ラッセルがフェラーリの2台を抑えて衝撃的な自身初ポールポジションを獲得。メルセデスF1チームにとっても今季初ポールポジションとなった。

以前としてフェラーリが優勢だが、抜きにくい特性のハンガロリンクでは、タイヤや戦略によって展開がどう転ぶかはわからない。

「Q3のスタートから我々はタイヤを正しいウインドウに入れていたし、車はバランスが取れており、すべてがうまく調和し、ジョージとルイスの両方がラップごとに自信を高めていった」とトト・ヴォルフはコメント。

「今シーズン、我々は勝利を狙ってはいないし、ライバルがいかに強いかは分かっているので、ポールを獲得できたのは我々にとってソリッドな結果だ。明日のレースで適切なペースがあれば、再び上位争いを展開し、勝利のチャンスがあることを否定することはできない」

チームメイトのルイス・ハミルトンは、DRSトラブルによってQ3で最後のアタックを行うことができなかった。トト・ヴォルフはそれがなければ、ポールポジションを争っていたと確信していると語る。

「ルイスに関しては、非常にタフだった。重要な瞬間にDRSが故障した」とトト・ヴォルフは語る。

「それがなければ、ジョージとポールポジションを争っていただろう。間違いなくね」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / F1ハンガリーGP