メルセデスF1代表、FIAのフレキシフロア対策に満足「一部チームが不正行為」
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、一部チームがルールに違反してフロアの特定の領域を曲げるテクニックを開発したと信じており、FIA(国際自動車連盟)がF1マシンのフロアの屈曲に関して対策を講じたことを喜んでる。

F1オーストリアグランプリの週末に先立ち、FIAはF1マシンのフロア下のプランクスキッドに関する新しい技術指令を発表した。現在のレギュレーションでは、FIAはフロアを3つの特定のポイントでチェックし、それらの場所は2ミリメートルを超えて曲がることは許可されていない。

ただし、F1ベルギーグランプリ以降は、プランクスキッドの補強が実施され、摩耗の測定方法が明確になる。

この変更は当初、F1フランスグランプリでの発効が計画されていましたが、F1の夏休みの後に延期された。

メルセデスF1のチーム代表であるトト・ヴォルフは、一部のチームが行っていることが現在のレギュレーションに沿っていないと信じ続けている理由を説明した。

「一部のチームには、車が地面の底にぶつかると実際に消えるスキッドがある」とトト・ヴォルフは語った。

「スキッドがある理由は、ボードの摩耗の量の制限のためだ。スキッドが奇跡的にフロアに消える可能性がある場合、それは明らかにレギュレーションに違反している」

「次に、たわむ可能性のある厚板、あるいは基本的に許容範囲を超えて移動する厚板がある」

これが生み出す可能性のある利点に関して、トト・ヴォルフは「公差は1ミリメートルだ。プランスが車の中にさらに何ミリメートルも移動すると、明らかに、そこでもある程度のパフォーマンスが得られる」と説明

「スパ(ベルギーグランプリ)では、初めてフレキシフロアがなくなると思う」

「2つ目は来年のレギュレーションで明らかにされるだろう」

スパ・フランコルシャンでは、ポーポイズ現象に取り組むための短期的な対策も実施され、2023年シーズンには長期的な修正が検討されている。

F1 国際自動車連盟 メルセデスAMG・ペトロナス・モータースポーツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / F1マシン / FIA