メルセデスF1代表、カナダでのパフォーマンスに「過度な期待は禁物」
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、F1カナダグランプリでペースが上がったからといって、レッドブルとフェラーリにすぐに挑戦できると考えないようチームに促した。

F1カナダグランプリで、メルセデスF1はルイス・ハミルトンが3位表彰台、ジョージ・ラッセルが4位と、シーズンのベストリザルトに並ぶ成績を収めたが、前回とは異なり、モントロオールでのパフォーマンスは純粋なペースで勝ち取ったという点で最も競争力のあるレースとなった。

メルセデスF1の両ドライバーは、レッドブルとフェラーリにレースペースで近づいているとの手ごたえを語っており特にシルバーストーンやポール・リカールのような高速でバウンシングが出にくいスムーズなサーキットでメルセデスF1に合っているはずだ。

しかし、トト・ヴォルフは非常に慎重なままであり、F1スペイングランプリ後に今回と同じような楽観主義がすぐに消え去った経験を念頭に置いている。

「一羽のツバメが来ただけでは、夏にならない」とトト・ヴォルフは説明した。

「我々はバルセロナでそのツバメを目にしたが、どういうわけかどこか別の場所に飛んでいってしまった」

「注意する必要があると思う。金曜日はペースが遅れていた。ウェットでは良かったし、それは立派だったと思う。そして、レースでは時々、最速の車で走っていたと思う。第2スティントでは、ルイスとジョージはほぼフロントランナーと一致していた。完全にというわけではなかったが、いくつかのラップではそうだった」

「それを見るのはとても励みになる。しかし、注意する必要がある。最前線に戻るために我々がしなければならない仕事はたくさんあり、我々はまだそこに到達していない」

バーレーンでの開幕戦での3位に続いて今年2度目の表彰台を獲得したルイス・ハミルトンにとって、カナダの結果は残りシーズンで何が可能かについて楽観的なレベルを引き上げた。

「それは僕とチームに多くの希望を与えた」とルイス・ハミルトンは語った。

「この車はここからが本番だと思う。セットアップを正しく行うことができれば、実際にそのポテンシャルは本当にある。それが今年最も難しいことだったと思う。本気でセットアップを最適化しようとしている」

「この車のウインドウは、僕たちが経験した他のどの車よりもはるかに小さい」

トト・ヴォルフは、モントリオールの週末から得られた大きなポジティブな点の1つは、ルイス・ハミルトンがようやくスムーズな週末を終えられたことだと語る。これまでセーフティカーのタイミングの悪さや小さなイベントが多くのレースでハミルトンに影響をしていた。

「彼に反してそれらが働いたレースがたくさんあった、そこで彼は表彰台またははるかに良い結果を獲得でき多雨性がある。それは彼の落ち度ではなく、不運だった」とトト・ヴォルフは語った。

「今、彼にポジティブな方向が見え、何も起こらずに実力で表彰台に立っているのを見るのは良いことだ」

メルセデスAMG・ペトロナス・モータースポーツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス