メルセデスF1、ポーパシング解消のルール変更のために政治的なゲーム?
メルセデスは、F1の新しいグラウンドエフェクト時代におけるポーパシング(ポーポイズ現象)を終わらせるために「通常の政治的ゲーム」をプレイしてレギュレーション変更を推進していると見られている。

ルイス・ハミルトンは、日曜日のアゼルバイジャングランプリのレース後、車からしばらく降りられず、目に見える背中の痛みに悩まされていたが、誰もがそれが本当だと確信しているわけではない。

「彼はカメラを見て、手を背中に向けて歩き始めた」とZiggoSportの有名なオランド人F1解説者のオラフ・モルは語った。

「彼らはすべてを見てみらいたい。彼らはFIA(国際自動車連盟)に何かを変えてもらいたいので、あまりに危険だと言っている。それが彼らが達成しようとしていることだ」

メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、ルイス・ハミルトンが「悪い状態」にあると言い、今週末のカナダグランプリに出場できるかどうかについて「間違いなく」疑問があると付け加えた。

「それは筋肉痛ではなく、背骨の奥深くまで届いていることがわかる」とトト・ヴォルフは語った。

「解決策は、誰かをリザーブすることだ。どのレースでも行っていることだがね」

先週末の舞台裏で、F1チームは、GPDA(グランプリドライバーズアソシエーション)と同様に、ポーパシングを停止するように設計された潜在的なルール変更について話し合うために集まった。

「僕たちでさえ」とジョージ・ラッセルはF1ドライバーの組合であるGPDAに言及して言った。

「僕たちはそれに反対票を投じたと思う」

「私たちは変化を望んでいるけどがその変化が何であるかを知っている」

「これを利用しようとしている人は誰もいない。僕たち、もっと安全で簡単な解決策を探しているだけだ」

スクーデリア・アルファタウリのピエール・ガスリーは、「ドライバーズミーティングで問題について話し合った。30歳で棒をついて歩きたくないので、FIAが解決策を見つけてくれることを願っている」と同意した。

しかし、レッドブル・レーシングのF1チーム代表であるクリスチャンホーナーでさえ、メルセデスが政治的なゲームをしているのではないかと疑っている。

「もし、我々に彼らのような困難があったら、私であっても無線でできるだけ大袈裟に罵るようにドライバーに言うだろう。これはゲームの一部だ」とクリスチャン・ホーナーは語った。

ドライバーズミーティングに関して、トト・ヴォルフは次のように主張している。

「アロンソを除いて、すべてのドライバーがこれが問題であることに同意した」

1997年のF1ワールドチャンピオンであるジャック・ヴィルヌーヴによると、メルセデスF1はすでにソリューションを利用できるが、それを実装すると、スピードがさらに低下するだけだけだと語る。

「私は彼らの懸念を理解しているが、メルセデスには解決策がある」とジャック・ヴィルヌーヴはFormule 1に語った。

「誰も彼らが車高をそこまで低くすることを強制しているわけではないが、ルールを変更するというヴォルフの呼びかけは、私の意見では、F1の通常の政治的ゲームに過ぎない」

「メルセデスは、レッドブルとフェラーリに近づくためなら何でもするだろう。彼らが近年できるだけ変化を少なくしたかったのと同じようにね」

ポーポイズ現象

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス