メルセデスF1首脳 「冬季テストとスペインGPのデータには大きな違い」
メルセデスF1のチーフストラテジストを務めるジェームス・ボウルズは、バルセロナでのプレシーズンテストから先週末のスペイングランプリまでのデータに大きな違いがあると語った。

メルセデスF1は、まだフロントランナーのペースから少し外れているように見えたが、W13に加えられたアップグレードは、今キャンペーンのこれまでチームを妨げていたパーパシングの問題を修正したように見えた。

メルセデスF1は、バウンシングの影響を最も受けたチームの1つであり、車高を下げて車のポレンシャルを最大限に引き出すことができなかった。

ジェームス・ボウルズは、シーズンが進むにつれて問題が再発する可能性があると警告するが、先週末のレースで記録したデータは、同じトラックでのプレシーズンテストで収集されたデータとは大きく異なるとも述べている。

「私はこれらの変化のさまざまな要素を分解しようとしる」とジェームズ・ヴォウルズはメルセデスF1のレース後の動画で語った。

「1つ目は気温だ。週末のレースでは、外気温は36~37度だった。路面温度は40度中盤くらいだった」

「テスト中は、外気温がが16~17度であることがより一般的であり、路面温度20~25度であり、タイヤの性能にかなりの違いが生じる。一般的に、涼しいコンディションの方が速い」

「その1つは、タイヤのウィンドウが少し良くなっていることだが、気温が低いときは空気が密集しているため、結果としてパワーがわずかに高くなり、ダウンフォースがわずかに大きくなる」

「しかし、他の違いは、たとえばテスト中に、ピレリシリーズの中で最も柔らかいコンパウンドであるC5コンパウンドを使用していたことにある。レースウィークエンドはC3だったし、2ステップのコンパンドがある。大部分の車も同じだった。また、違いはテスト中に利用できるこれらのコンパンドがほとんどないことだ。

「完全な予選プログラムを行っていなかった。おそらく1つか2つのファステストラップを行っただけだ。週末のレース中には十分な量のタイヤがある予選セッションがある」

また、ジェームズ・ボウルズは、大部分のライボルと同じよるにメルセデスF1がプレシーズンで走った車は、今週末にモナコでトラックを走る車とまったく同じではないと述べた。

「視覚的にはまったく別の車だった。ボディワークが変更された。バーレーンに向けて車をアップデートしましたが、それはライバルにも当てはまる」とジェームス・ボウルズは語る。

「ほとんどの場合、誰もが自分たち車を進化させ、変更してきた。それはF1の美しさの1つだ。車が次の週に同じになることは滅多にない」

「継続的にアップデートし、変更し、前のレースの週末に集めた経験から学んでいる。その結果、2月に学んだことは、5月にレースしている車とは大きく異なる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス